パチンコ狂いの両親、膨大な家の借金、時給700円の皿洗いの日々…が、藁をもつかむ思いで取り組んだネットビジネスで、4ヶ月後にまさかの月収100万超え。僕も呆然。家族も呆然。就職する必要もなくなり、20代にして自由な日々に突入中。

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

資本主義のてっぺんらへん

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ネットビジネスはパソコン一台あればできる仕事だから、
ネット環境さえ繋がっていれば、住む場所はどこでも自由だ。
僕は一度東京というところに住んでみたかった。

20年間山陰の田舎からほとんど出たことがなかった僕にとって、
東京はテレビや映画の中にだけでてくるおとぎの国だった。
生まれて初めて東京に出たときの衝撃はいまだに脳裏に焼き付いている。

数分おきにやってくる電車も、
消えることのない人身事故の表示も、
見上げるだけで首が痛くなるビル群も、
Suicaをかざせば落っこちてくるジュースも、
サラリーマンたちのロケットのような歩行スピードも、
街中にあふれる商品の多様さも、
お祭りのような人口密度も、
公園でゴロゴロしている浮浪者たちも、
何もかもが驚異だった。


僕は最初、ただ呆然として高層ビル群を眺め、
ついで高揚し、好奇心の赴くままに都会の新しさの中を駆け巡り、
新宿駅で当然のように迷子になった。

地元に戻った後も興奮はなかなか醒めなかった。

4階建て以上の建物がほぼ存在しない田舎で、
僕が両親・飼い犬と土臭い閉じた生活を送っている間、
東京人は毎日あんな遊園地みたいな場所で、
お洒落で優雅で文明的な日々を謳歌しているのか…?

なんだか知らないうちに楽しいパーティが開かれていて、
自分だけ誘われていないのを知ったかのような淋しさがあった。

それ以来僕はすっかり田舎コンプレックスになり、
自由に住む場所を選んでいいとなれば、
もう東京以外の選択肢が全然浮かばない状態だった。
お金と時間を手に入れてからは、しょっちゅう東京へ遊びにいった。


そのころ東京の知り合いの起業家に、
六本木ヒルズ最上階で開かれるというとあるパーティに誘われた。

僕は面白そうだから行きますと言いながら、
『六本木ヒルズとはいったい何だろう、何か建物の名前らしいが?』
などと内心首をかしげていた。

当日、同じパーティに誘われた人たちと合流し、迎えの車に乗って、
一際大きくてキラキラ眩しいビルの前で下車した。
どうやら六本木ヒルズとは、社長や芸能人などの金持ちが
たくさん住んでいる建物らしかった。
映画館やら美術館やらが隣にあるなんて贅沢だなぁと思った。

警備員の立つ入口をくぐり、エレベーターに乗って
最上階の吹き抜けのパーティルームに入った。
すでにたくさんの参加者が集まっていて、
めいめい料理をつついたり、グラスを持ったまま会話をしたりしていた。
一面ガラスの粉をぶちまけたような夜景が眩しかった。

僕はいつもの地味で平凡な服装だったが、
大半の人たちはスーツやドレスなどのフォーマルな格好をし、
腕時計をキラキラさせたり、イヤリングやネックレスをブラブラさせたりしていた。
メルマガなどで名前を聞いたことがある業界の有名人もたくさんいた。
20代くらいの若い人も多かった。

何をどうしたらいいか分からず僕がまごついていると、
自称ギャル男だという、ホストみたいな恰好と髪型をした男が気さくに話しかけてきた。
ちょっと話を聞いてみたら年商10億円くらいの社長だった。
僕はいきなりラスボスに襲われた気分で、挨拶もそこそこに退散した。


当時僕はまだ学生だったし、たった一人でビジネスをしてきたので、
ビジネスマナーなど何も知らず、名刺も持っていなかった。
(今も名刺は面倒なので持ち歩かないが)

さらに生来人見知りの性格だったので、
群れを成す社長たちに自分から話しかける勇気も出ず、
隅っこの開いている席を見つけて、
ちびちびとお酒を飲んだり、料理をつまんだりしていた。

「次回のプロモーションには5000万円くらいの広告費をかける予定だ」
「どこどこの株が買い時」
「バリのプール付き別荘が安い」
「あそこにいる秘書は社長の愛人だから」
「経営者しか相手にしない霊媒師が沖縄にいて、癌すら直せるらしい」

耳をそばだてていると、色んな会話が耳に入ってきた。
みんな楽しそうにお金とかビジネスの話をしていた。

周囲にいる人々と夜景を交互に見ながら、
これが資本主義のてっぺんらへんかぁ、と思った。

1年前まで時給700円で皿洗いやレジ打ちをし、
この身の自由ばかりを夢見て走ってきた僕にとっては、
なんだか色々と過剰だった。


パーティが終わって帰宅する途中、
六本木ヒルズに住んだり、事務所を構えたりすることが、
起業家にとって一種のステータスになるのだと同行者に聞いた。

なるほど、あの建物は資本主義社会で成功を夢見る人々にとっての
神殿のようなものなのだと僕は理解した。

ああやって夜な夜な、日本中からお金をもった人たちが
首都の夜景を見下ろすために集まってくる。

なんだか光に群がる蛾みたいだなと思った。



はじめに
第1部「僕の人生から就職が消えた」
第2部「月収200万円の憂鬱」
第3部「起業に興味のない起業家」
第4部「燃え上がる家、没落の父」
第5部「麗しき労働の日々」
第6部「地獄のような労働との遭遇」
第7部「労働、この恐るべきもの」
第8部「システムの隅っこにあいた風穴」
第9部「僕はアフィリエイトで生きていこうと思った」
第10部「100万円という札束」
第11部「資本主義のてっぺんらへん」
第12部「香港旅行中にサラリーマンの年収分稼ぐ」
第13部「手に入れた自由な人生」


感想はこちらからどうぞ⇒メールフォーム


面白い!と感じたらシェアをお願いします!



ブログランキングに参加しています。

読んでくれた証拠にぽちっとクリックしてくれると喜びます^^
  ↓↓↓

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ


ネットビジネス初心者の方へ


アフィリエイトで1億円稼いで自由になった元皿洗いのブログ TOPへ

Pocket



Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

報酬1億5000万円突破

2015-01-18 02.28.18

※一部です。

→実績一覧はこちら

著者プロフィール

だいぽんプロフィール画像

名前: だいぽん

小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育つ。

2009年、バイトで溜めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。
空いた時間を利用してアフィリエイトを始めたところ、4ヶ月目で月収100万を達成してしまい愕然。 家族も呆然。
まったく興味がないのに節税で法人化までする羽目に。

その後収益の自動化が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日。

2015年3月に個人で電子書籍を2冊出版し、Amazon電子書籍ベストセラーランキングの有料本・無料本カテゴリそれぞれで、2冊同時にW1位を獲得する(恐らくAmazon史上初)。

20歳。時給720円の皿洗いの日々
22歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
23歳。半年で月収100万突破してビビる
27歳。1人で年商1億円
28歳。お金のために働く必要がなくなる
29歳。電子書籍出版。Amazon1位をとる
30歳。趣味に生きてる


現在Amazon1位を獲得した電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」の無料プレゼントキャンペーンをやっています。
僕に興味を持ったら試しに読んでみてください。


電子書籍の無料ダウンロードはこちら

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

過去記事

メールフォーム

メールを送る際は、必ず初めによくある質問をご覧になってください。