パチンコ狂いの両親、膨大な家の借金、時給700円の皿洗いの日々…が、藁をもつかむ思いで取り組んだネットビジネスで、4ヶ月後にまさかの月収100万超え。僕も呆然。家族も呆然。就職する必要もなくなり、20代にして自由な日々に突入中。

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

暴落していても僕が仮想通貨に投資し続ける理由

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

友人の加藤さんがヤバいキャンペーンはじめました。

登録して動画見ると1万円もらえます(抽選じゃなく、全員)

相変わらずやることがぶっ飛んでますなー。
https://jisedai.me/alpcr/?a10=I4rZ5


以前から買い集めている仮想通貨でかなり利益が出てしまったので、下北沢のカフェで税理士と打ち合わせしたのですが、やはり最近の仮想通貨の盛り上がりは凄いみたいですね。

起業家界隈の人たちと会うと、みんなたいてい仮想通貨の話をしています。


特に昨年末の暴騰はすごかったです。

2017年はビットコイン価格が年初からおよそ20倍。

仮想通貨はビットコイン以外にも色々あるのですが、銘柄によっては数百倍になったものも多数あったりして。

僕もTwitterなどで情報収集しているのですが、億り人(投資で1億円以上の資産を達成した人)が多すぎて軽く引くくらいでした。


その後コインチェックのハッキング事件などがあって相場が暴落。

僕は完全にガチホなんで、しっかり暴落に巻き込まれました。

1日で億単位で資産減っていくとなかなかスリリングです(笑)


ただまぁ、1年前の同時期と比べれば価格はなお数倍で、ビットコイン4万円時代からちょこちょこ投資してる僕はまだかなり含み益があるのと、どうせビジネスの方で何もしなくても毎月使いきれないくらい利益が上がるので、さほど精神が削られることもなく。

適当にやりたいことやりながら、仮想通貨市場の騒ぎを傍観しています。


もともと、ビットコインが急激に伸びはじめて”バブル”と言われ出した時(と言ってもまだ数万円)、以下のような考えにより、僕は仮想通貨への投資を開始。




ある程度含み益が増えると、利確したい欲求に駆られますが、去年の夏頃、ビットコインの時価総額がみずほ銀行とかの時価総額とほとんど変わらないことを知って、「あ、こりゃまだこの市場伸びるわ(確信)」と、安心してホールドしました。

結果的に、「暴落した」と言われる現時点でも、その時より数倍の価格になっています。

(それでもまだ時価総額的にはアップル1社に敵わない状態。世界で流通しているお金の総額は約6000兆円。仮想通貨は全体で今50兆前後)


仮想通貨市場は個人的にはまだまだ拡大していくと思っています。

2017年は研究・開発段階のものが多く、まだ「怪しい」「怖い」という人が多かったですが、2018年以降は実用的な商品・サービスが登場してくるフェーズですね。

国家としては通貨発行権を独占したいので、中国など中央集権的な国家は仮想通貨を規制しようと躍起になっていますが、前回紹介したお金2.0でも語られている通り、テクノロジーの発達はいやが応にも「分散化」の流れを生みます(仮想通貨は通貨発行権の分散化)。


人間のより便利になりたいという欲求も、テクノロジーの発達も、自然と同じく押しとどめることはできません。

もはや世界がインターネット以前に戻ることができないのと同様、仮想通貨・ブロックチェーンも一つの自然として受け入れなければならない時がくるでしょう。

となれば、早いうちに仮想通貨・ブロックチェーンについて学んだり、実際にその世界に飛び込んでみることには大きな価値があるのではないでしょうか。


ただ、さすがに2017年のように、とりあえずどんな仮想通貨でもいいから買ってホールドしておけば、誰でも資産を何倍にできるというようなイージーな相場はおそらく長続きしません。

今後は生き残り成長していく通貨、衰退して忘れられていく通貨がはっきり別れてきます。


ちなみに加藤さんは仮想通貨の”リップル”推しです。

未来の国際送金システムを支えるのではないかと言われている通貨ですね。

加藤さんが「これからはリップルや!」って言ってるのを聞いて、僕もリップル20円時代にめっちゃ買い込んだので、だいぶ美味しい思いをさせていもらいました。

仮想通貨はまだまだ勉強さえすれば十分大きな利益を狙えると思います(成長市場なので)。

基本的に投資は暴落時にこそ買い集めるべきなので、相場が下がっている今はむしろ狙い目かもしれませんね。

ちなみにビットコインは加藤さん的には「オワコン」らしいのでご注意。
(僕も全て手放しています。まあ短期的にはまだ上がるでしょうが)


仮想通貨関連の無料キャンペーンや情報商材みたいなものは最近めちゃくちゃ多いのですが、正直ほとんど詐欺的なものです。

が、加藤さんの場合、無料コンテンツの時点ですでに圧倒的な価値があります。

普通にブロックチェーンの本とか読んで勉強しているたいていの人より、無料公開されている動画を一通り見た人の方が仮想通貨やブロックチェーンに詳しくなると思いますよ。

https://jisedai.me/alpcr/?a10=I4rZ5


あと、映像見るだけでリスクゼロで1万円もらえるので、1万円はどうでもいいという人以外は、参加しとかないと損だと思います。

加藤さん的にリップルの将来的な適正価格は15,000円程度らしいので、現金よりリップルでもらっておくことをお勧めします。

もし仮説が正しければ1万円→200万円くらいになるので。

放っておくにしてもなかなか夢がありますね。

動画ではその根拠も明確に語られています。

彼の適正価格の算出やピーク時期についての仮説の立て方も面白いですよ。




著者プロフィール

だいぽん
小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、借金まみれの極貧の家庭で育つ。

皿洗いやレジ打ちなど、忙しいアルバイト生活を送る中で、自由を手に入れたいという欲求が抑えがたくなり、就職活動を放棄。
在学中にお金・知識・人脈ゼロの状態でインターネットビジネスで起業。
たった1人&パソコン1台で5年間で約3億円を売り上げる。

現在は働く必要がなくなり、セミリタイア。晴れて自由の身に。
音楽学校に通ったり、創作活動に打ち込んだり、好きな場所へ好きなだけ旅行したりと、趣味中心の生活を送っている。

個人が自由な人生を手に入れるための戦略・思考をブログ・メルマガで配信中。
2015年に電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」を出版し、Amazon総合ランキング1位を獲得。
現在キャンペーン期間中にて上記の書籍(1000円)を無料プレゼント中。
詳細は上記ページにて。
Pocket



Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン



コメント

  1. 仮想通貨の上がった下がった儲かった
    という狭いくくりでしか仮想通貨を
    見られない人たちは損だと思っています。

    ネットやスマホ同様、
    便利だと知れ渡ればもはや手放すことが
    できなくなりますからね。

    • まゆ
    • 2018年 2月 10日

    仮想通貨に対する考え方や偏見がちょと自分の中で変わりました。2年後とか5年後には、普通の会話に仮想通貨の話が日常的に話す事が当たり前になると思います。昨日買った?とか今日買おうと思ってるのとか。やはり、先見の目を持っている人が楽しい人生を送れるのですね。早くその一員に私もなりたいです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

報酬1億5000万円突破

2015-01-18 02.28.18

※一部です。

→実績一覧はこちら

著者プロフィール

だいぽんプロフィール画像

名前: だいぽん

小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育つ。

2009年、バイトで溜めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。
空いた時間を利用してアフィリエイトを始めたところ、4ヶ月目で月収100万を達成してしまい愕然。 家族も呆然。
まったく興味がないのに節税で法人化までする羽目に。

その後収益の自動化が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日。

2015年3月に個人で電子書籍を2冊出版し、Amazon電子書籍ベストセラーランキングの有料本・無料本カテゴリそれぞれで、2冊同時にW1位を獲得する(恐らくAmazon史上初)。

20歳。時給720円の皿洗いの日々
22歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
23歳。半年で月収100万突破してビビる
27歳。1人で年商1億円
28歳。お金のために働く必要がなくなる
29歳。電子書籍出版。Amazon1位をとる
30歳。放置で年商3億円。趣味に生きてる


現在Amazon1位を獲得した電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」の無料プレゼントキャンペーンをやっています。
僕に興味を持ったら試しに読んでみてください。


電子書籍の無料ダウンロードはこちら

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

カレンダー

2018年4月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

過去記事

メールフォーム

メールを送る際は、必ず初めによくある質問をご覧になってください。