パチンコ狂いの両親、膨大な家の借金、時給700円の皿洗いの日々…が、藁をもつかむ思いで取り組んだネットビジネスで、4ヶ月後にまさかの月収100万超え。僕も呆然。家族も呆然。就職する必要もなくなり、20代にして自由な日々に突入中。

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

働けば働くほどお金を損する?

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僕の友人に薬剤師をやりながら
自分でネットビジネスをやっている人がいます。

収益源はどちらかというとビジネスのほうがメインで、
最近ようやく生活できるレベルの収入に到達。
その他に週2回くらい病院で深夜のバイトをして、
月20万くらいもらっています。

本人はビジネス一本でやっていきたいようですが、
彼が売るのは高額サービスなので、
月によってはまったく売れないこともあります。

月ごとの収入のムラが激しいので、
固定収入がある安心感は捨てがたいらしく、
ビジネスで生活できるようになってからも、
相変わらず薬剤師は続けています。


また、薬剤師業界も職場によっては相当ブラックらしく、
彼の職場は常に人手が足りません。

上司は夜12時に帰宅して朝9時くらいには出勤し、
休みもほとんどないそうなので、
人生の大半を病院で過ごしているという状態です。
(同僚も多かれ少なかれ似たような状態)

正直彼が抜けると職場が回らなくなるということもあって、
彼は責任感から薬剤師を続けているという面もあります。


で、兼業ながら彼のビジネスの売上が徐々に増えてきて、
この調子なら今年中に月収100万くらいはいきそうだねと話していた矢先に、
フルタイムで働いていた彼の薬剤師の同僚が突然の失踪。

その同僚は重度の認知症の父親がいて、
仕事が終わるといつも病院の父親の元へ向かいっていたそうです。
父親は徘徊癖があって、彼はそれを見張っていなければならず、
彼がうたた寝すると父親がこっそり抜け出すので、病院では一睡もできません。
そして朝が来るとまた出勤して、夜遅くまで薬剤師の仕事をします。

そんな生活をしばらく続けた結果、
ついに同僚は精神に異常をきたし、父親と一緒にいなくなってしまいました。
数日後に二人とも山の中で無事発見されて連れ戻されたのですが、
まともに仕事ができる状況ではなく、そのまま休職しました。


結局その穴埋めは友人がやることになり、
最近は出勤日数が飛躍的に増えて、
もはや自分のビジネスどころではなくなってしまいました。

かろうじて売上は保っていますが、
まったく売上アップに繋がる作業ができていない状況です。
仕事は大変らしく、いつもくたくたに疲れています。

まぁバイトの給料はアップしますが・・・
彼のビジネスの伸びしろを考えたら、その影響はあまり大きくないです。



彼はめちゃくちゃ頑張って仕事をすることによって、
毎日お金を失い続けているということに、
もう少し自覚的になった方がいいなと思いました。

だって、例えば将来月収を100万円伸ばせるにもかかわらず、
その実現が1ヶ月遅れるということは、
100万円のお金を失うことと同義だからです。
(1日あたり33,000円の損)

薬剤師の給料が1日2万円だとしたら、
彼は眠い目をこすって出勤し、半日ふらふらになるほど働いて、
1万3000円をドブに捨ててきたということになります。
10日出勤すれば13万円、20日出勤すれば26万円の損失です。


ちなみに彼はかなりの節約家で、食費を数百円切り詰めたり、
割引クーポンを集めたり、移動は極力自転車を使ったりと、
日々の出費を抑えることに余念がありません。

旅行などをするときも必ず安いホテルや安い交通手段を探し、
数千円の節約に成功すると大きく喜んでいました。

その一方で、毎日1万3000円ずつ現金を
捨てているという事実に彼はまったく気付いておらず、
僕がそれを伝えると「確かに!!」とショックを受けてました。

まあ職場の上司や同僚に同情して頑張ってしまう気持ちもわかりますが、
アドラー的に言えばそれは「他人の課題」です。
必ずしもバイトである彼が背負わなければならない責任ではありません。



彼と似たような状況に陥っている人は非常に多いです。

例えば「将来ネットビジネスで成功して月100万稼ぐ!」と決意したにもかかわらず、
日々の仕事やバイトを優先するあまり、
なかなか作業に手をつけることができない人とか・・・。

必死にお金を節約して無料サービスや格安サービスにこだわった結果、
何ヶ月もビジネスで遠回りをしたりとか・・・

結果的に成功が遅れることによって、
仕事やバイトで稼いだ金額や節約した金額を
圧倒的に上回る金銭的損失を被っているということについては、
気付いてすらいないケースが多いです。


もちろん目先の生活費が足りないのであれば、
バイトしたり、節約したりということは必要なので、
決して間違った行動ではありません。

しかし貯金がそれなりにあって、
今すぐ生活が破綻するというわけでもない場合は、
一定期間はビジネスに集中し、必要なものには投資して、
成功までの期間を数ヶ月でも短縮した方が、
結果としてお金を損しないで済む、
ということは覚えておいてもいいでしょう。


・・・まあこの考え方が行き過ぎると、
「1日休むと3万円失う!」みたいな脅迫観念に囚われるようになり、
まったく仕事を休めないワーカーホリックになってしまいますが(笑)



PS.

読者さんから立て続けにお酒のプレゼントが届きました。
日本酒と焼酎。
焼酎はまさかの甕(笑)
ありがたや。


事務所でちょっとずつ消費してますが、
なかなかなくなる気配がありません・・・。

著者プロフィール

だいぽん
小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、借金まみれの極貧の家庭で育つ。

皿洗いやレジ打ちなど、忙しいアルバイト生活を送る中で、自由を手に入れたいという欲求が抑えがたくなり、就職活動を放棄。
在学中にお金・知識・人脈ゼロの状態でインターネットビジネスで起業。
たった1人&パソコン1台で5年間で約3億円を売り上げる。

現在は働く必要がなくなり、セミリタイア。晴れて自由の身に。
音楽学校に通ったり、創作活動に打ち込んだり、好きな場所へ好きなだけ旅行したりと、趣味中心の生活を送っている。

個人が自由な人生を手に入れるための戦略・思考をブログ・メルマガで配信中。
2015年に電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」を出版し、Amazon総合ランキング1位を獲得。
現在キャンペーン期間中にて上記の書籍(1000円)を無料プレゼント中。
詳細は上記ページにて。
Pocket



Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン



コメント

    • kazucho
    • 2015年 7月 23日

    だいぽんさん!

    こんばんは、はじめまして
    kazuchoと申します。

    ブログランキングから訪問しました。

    記事見て、薬剤師さんって大変なんだ!と知りました。
    正直、結構時間にきっちりしていて、お給料も良いってイメージでしたから。
    でも、やっぱり、どの業界にもブラック企業ってあるんですね!
    建設業だけかと思ってました。

    応援☆完了です

  1. お久しぶりの更新、とても鋭い切り口だなーと唸りました。
    確かに他人の日常生活の時間の使い方に疑問を持ってしまうこと、多々あります。

    ランチの数百円をケチってパチンコ打ちに行ってる部下を見ると脳内回路が
    お陀仏になっているとしか思えなかったり、

    お肌のことを気にしながら、パカパカと煙草を吸う女性スタッフを見ると、失笑してしまいます。

    他人事なら指摘できるのに自分のこととなると、僕も怪しいかもしれません…。

    自分の常識に囚われていると、すごい損失していることがあるかもしれない、
    見直しの機会となりました。
    ありがとうございます!
    暑いのでお身体、大事に頑張って下さい!

    • ジミィおにでるら
    • 2015年 7月 24日

    こんにちは(゚▽゚)/

    汗水流し働いて薄給もあれば、
    ツール回すやら仕組みつくって日給一万もあり

    なーんか、不平等に拍車かかっとんなぁって

    最近とくに思いますよ

  2. だいぽんさん

    こんにちは、あとむです。

    資格取得者がいないといけない職場は、ギリギリの人数で回しているので大変だと思います。
    やめるにしてもすぐにはやめれさせてはくれませんからね・・・
    鳥かごのようなものですね^^

    それを考えると、普通で言う常識って??
    何なのか分かりかねる部分もありますね><;

    応援完了

    また遊びに来ます。

  3. 小さなことばかりに目が向いて、大きな山を見ることが出来なかったり、
    人間の思考は結構不条理さを伴いますよね。
    勉強になりました。

    応援しておきました。ポチッ

    • 25歳青年
    • 2015年 8月 01日

    アルバイトの時間を延ばすことで
    今後の生涯賃金が減ってしまい、
    ビジネスに費やせる時間も減る。
    本来ネットビジネスを集中してやれば
    ずっと節約するよりもリターン
    がありますよね。
    自分の1日をどこに
    労力を費やせば
    いいのか棚卸しするチャンスのような
    気がしました。

    • ばっし-
    • 2015年 8月 08日

    こんにちはばっしーです。
    ブログランキングからブログ訪問しました。
    最近、大企業もブラックな企業が増えてきましたね。
    ブラック企業に就職しないように気を付けます。
    応援のポチもしておきます。

  4. だいぽんさん、初めまして。
    りべらると申します。

    私も昼間の平日は、事務の仕事をしているのですが、
    辞めてこちらのビジネスにもっと千年できれば
    収入がもっと違ってくるのにと思ってしまうことがあります。
    確信が持てるまで、頑張ろうと思います^^

    応援ポチしました。。
    まだ、訪問させていただきます。

    • 世界のBIGBANG
    • 2016年 11月 14日

    確かに同じ時間働くなら効率よく稼げる方が良いです!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

報酬1億5000万円突破

2015-01-18 02.28.18

※一部です。

→実績一覧はこちら

著者プロフィール

だいぽんプロフィール画像

名前: だいぽん

小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育つ。

2009年、バイトで溜めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。
空いた時間を利用してアフィリエイトを始めたところ、4ヶ月目で月収100万を達成してしまい愕然。 家族も呆然。
まったく興味がないのに節税で法人化までする羽目に。

その後収益の自動化が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日。

2015年3月に個人で電子書籍を2冊出版し、Amazon電子書籍ベストセラーランキングの有料本・無料本カテゴリそれぞれで、2冊同時にW1位を獲得する(恐らくAmazon史上初)。

20歳。時給720円の皿洗いの日々
22歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
23歳。半年で月収100万突破してビビる
27歳。1人で年商1億円
28歳。お金のために働く必要がなくなる
29歳。電子書籍出版。Amazon1位をとる
30歳。放置で年商3億円。趣味に生きてる


現在Amazon1位を獲得した電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」の無料プレゼントキャンペーンをやっています。
僕に興味を持ったら試しに読んでみてください。


電子書籍の無料ダウンロードはこちら

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

カレンダー

2017年9月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

過去記事

メールフォーム

メールを送る際は、必ず初めによくある質問をご覧になってください。