パチンコ狂いの両親、膨大な家の借金、時給700円の皿洗いの日々…が、藁をもつかむ思いで取り組んだネットビジネスで、4ヶ月後にまさかの月収100万超え。僕も呆然。家族も呆然。就職する必要もなくなり、20代にして自由な日々に突入中。

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

徹夜Wiiを気軽にできる人生、できない人生

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

会社の事務所にWiiが導入されたので、
昨日は徹夜でワイワイ徹夜Wiiしてました。

意外といい運動になりますね。
病み上がりの体にはきつかったです。
(変なものでも食ったのか、その前日は下痢と嘔吐で七転八倒してました)

そのあと12時間くらいぶっ通しで寝てました。
相変わらず何の法則性もない生活です。
友人に遊ぼうぜと誘われて、
突然飛行機に乗って東京から鳥取に帰ったりします。



週休2日の一般サラリーマンの年間出勤日数が、だいたい260日くらい。
労働時間を8時間とすると、年間2080時間。
定年まで40年働いたとすると、83200時間。
83200時間は約3466日。
実に10年近い人生の時間が、労働のためにまるまる消失する…!

そう考えて学生の頃ビビっていました。
僕が就職活動からの逃走の手段として
ネットビジネスの世界に飛び込んだのは周知の事実です。


でも実際は仕事にとられる時間は8時間なんてことはなくて、
休憩時間も結局職場から遠く離れられないし、
通勤時間もあるし、出勤のための準備もあるし…

残業ゼロでも1日10時間くらいは吹っ飛びます。
1日10時間で週休2日で40年働くと、人生が12年くらい消失する計算です。
残業がある場合はもっとです。
中には1日13時間や14時間など、
産業革命時のイギリス工場労働者のような生活を送っている人もいます。
もはや自分の全存在を会社にプレゼントしているようなものですね。

ついでにその40年間は、
住む場所を選べない、休む日を選べない、気軽に長期旅行行けない、
家族・友人との時間を優先できない、生活リズム自由にならない、
上司、客、同僚のストレスなど、多数のオプション付きです。


もしこの12年という労働がまるまるなくなって、
40年間の仕事にまつわる一切の拘束やストレスも消え失せて、
自分の好きなことのために全部の時間と体力を費やせたら、
いったいどれだけたくさんのことができるだろう?

そういうことを妄想しているうちに、
僕の中では就職するなんて選択肢はなくなっていました。

12年もの時間を売り払って、無数の拘束を受け入れて、
食うのがやっとの生活を保証されても全然嬉しくありません。
(保証されてませんが)

おいしいところを全部会社に持っていかれた後の、
絞りかすのような人生にも興味はありません。



就職したらもはや気軽に友達と徹夜Wiiすることさえままなりません。

しかも翌日の労働に差し支えるという、あまりにもくだらない理由で!

人生にとってより重要なのは、
お金を稼ぐための労働<友人との徹夜Wiiだと思うのです。
徹夜Wiiに差し支えるから仕事休むべきです。

しかし収入源が会社しかない場合は、
解雇された途端に食えなくなりますから、
お金を稼ぐための労働>友人との徹夜Wiiへと、
価値の比重を転換させなければなりまん。

餓死はとてつもなく怖いから、
他にも次々と価値を転換させていきます。

お金を稼ぐための労働>親
お金を稼ぐための労働>妻
お金を稼ぐための労働>子供
お金を稼ぐための労働>夢
お金を稼ぐための労働>趣味
お金を稼ぐための労働>個性

・・・

そうして出来上がるのが、
労働以外に何ら価値ある行為をなしえなくなった働く機械、
晩御飯だけを夢想して生きる生活の奴隷です。

電車の吊革にぶら下がるスーツ姿の
画一的中年男性達にどこか悲惨な印象を受けるのは、
失われた人間性への郷愁のようなものを
僕達が感じ取るからなのかも知れませんね。



みんながそんなことを考えだしたら社会が回らなくなる!
という意見をいただくこともあります。

知ったことか、という感じです。

公益や社会的福祉のために生きているわけではないです。
僕の中の価値基準では、個人>国、社会です。

僕らがいなくても国や社会は回ります。
100年もすればこの地上の人間はほぼ全員消滅しているでしょうが、
国も社会も涼しい顔をして存在し続けるでしょう。

僕らは死ねば終わりです。
そして僕らは僕らが導いてやらねば幸せにはなれません。
僕らがどちらを大事にすべきかは言うまでもないでしょう。

自分や家族が充分幸せになってから、
次に国や社会のことを考えれば十分です。



つまり何が言いたいかというと、

「今夜徹夜Wiiしようぜ」
「OK。今からお前んち行くわ」

これを当たり前のようにやるのが人間のあるべき姿だということです。
極論であるという反論はスルーします。



PS.

というようなことをtwitterでつぶやいたら、
「でもそれ(仕事を優先する生活)はしょうがないような気もします」
というようなメッセージをもらいました。

しょうがないと思った時点で、それはしょうがなくなるのだと思います。

しょうがないかどうか判断できるくらい、まずは足掻いてみて欲しいですね。
全然しょうがなくなんかないことが分かるはずですから。

著者プロフィール

だいぽん
小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、借金まみれの極貧の家庭で育つ。

皿洗いやレジ打ちなど、忙しいアルバイト生活を送る中で、自由を手に入れたいという欲求が抑えがたくなり、就職活動を放棄。
在学中にお金・知識・人脈ゼロの状態でインターネットビジネスで起業。
たった1人&パソコン1台で5年間で約3億円を売り上げる。

現在は働く必要がなくなり、セミリタイア。晴れて自由の身に。
音楽学校に通ったり、創作活動に打ち込んだり、好きな場所へ好きなだけ旅行したりと、趣味中心の生活を送っている。

個人が自由な人生を手に入れるための戦略・思考をブログ・メルマガで配信中。
2015年に電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」を出版し、Amazon総合ランキング1位を獲得。
現在キャンペーン期間中にて上記の書籍(1000円)を無料プレゼント中。
詳細は上記ページにて。
Pocket



Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン



コメント

    • 稼ぐアフィリの簡単な方法@青空
    • 2012年 5月 27日

    だいぽんさん、こんにちは。

    青空です。
    お久しぶりです。

    だいぽんさんが言っていることは骨身にしみて分かっています。
    会社の奴隷のはなりたくはない。
    社会の奴隷にはなりたくはない。
    もっと自由な自分でありたいと願うのはいけないことでしょうか?

    誰からも束縛されない夢を抱きつつ今日もアフィリエイト作業に没頭する青空です。

    応援、ポチットな!

  1. だいぽんさん。
    こんばんは。

    凄くうらやましい楽しい職場ですね。
    家が近くだったら、面接受けたいです。(笑)

    銀河鉄道プロジェクトで
    1年死ぬ程がんばっても
    全く稼げなかったアフィリエイトから

    脱出出来ました。

    だいぽんさんの
    銀河鉄道プロジェクトに出会わなかったら
    アフィリエイトとっくに辞めていたと思います。

    本当に、感謝しています。

    日給16万。
    出来る限り紹介します。

    今回凄くいい案件をご提供頂き
    大変有難うございます。

    • インフォジスタ!ロビー
    • 2012年 5月 29日

    だいぽんさん、こんにちは!
    ロビーです。

    とても羨ましいですね!
    少しでもだいぽんさんに近づく為にまずは意識改革から頑張ります。

    また遊びに来ます。応援済みです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

報酬1億5000万円突破

2015-01-18 02.28.18

※一部です。

→実績一覧はこちら

著者プロフィール

だいぽんプロフィール画像

名前: だいぽん

小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育つ。

2009年、バイトで溜めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。
空いた時間を利用してアフィリエイトを始めたところ、4ヶ月目で月収100万を達成してしまい愕然。 家族も呆然。
まったく興味がないのに節税で法人化までする羽目に。

その後収益の自動化が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日。

2015年3月に個人で電子書籍を2冊出版し、Amazon電子書籍ベストセラーランキングの有料本・無料本カテゴリそれぞれで、2冊同時にW1位を獲得する(恐らくAmazon史上初)。

20歳。時給720円の皿洗いの日々
22歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
23歳。半年で月収100万突破してビビる
27歳。1人で年商1億円
28歳。お金のために働く必要がなくなる
29歳。電子書籍出版。Amazon1位をとる
30歳。趣味に生きてる


現在Amazon1位を獲得した電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」の無料プレゼントキャンペーンをやっています。
僕に興味を持ったら試しに読んでみてください。


電子書籍の無料ダウンロードはこちら

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

カレンダー

2017年4月
« 3月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

過去記事

メールフォーム

メールを送る際は、必ず初めによくある質問をご覧になってください。