パチンコ狂いの両親、膨大な家の借金、時給700円の皿洗いの日々…が、藁をもつかむ思いで取り組んだネットビジネスで、4ヶ月後にまさかの月収100万超え。僕も呆然。家族も呆然。就職する必要もなくなり、20代にして自由な日々に突入中。

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

仕事が面倒?じゃあ手を抜けばいいじゃん

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正月が終わってから実家の鳥取に帰省し、
1週間ほどのんびりしてきたのですが、そのうちの数日は、
農家向けのコンサル・ホームページ作成事業をやっている
大学時代からの友人と会っていました。

彼は最近の急激な受注増加でだいぶ忙しい時期らしく、
僕と一緒にいる間も、カフェやファミレスでずっと仕事をしていました。

僕はノートパソコンでちまちま趣味の作曲をしていたのですが、
ふと前を見ると、友人がパソコン画面を見つめながら、
頭をひねってうんうん唸っています。

どうしたの?と訊くと、
お客さんのホームページを作成するにあたり
悩んでいることがあると言われました。


友人はホームページのとある部分を、
見る人が分かりやすいよう綺麗な画像に
置き換えようとしていました。

しかし彼が理想とするデザインを実現するには、
素材を探すのにかなり時間がかかりそうとのこと。

イラスト化するのもいいが、彼自身はイラストを書けないので、
これから外注先を探すことになります。

納期まで日がないので、どうするのがベストだろうと、
あれこれ頭を悩ませていました。


以下、僕と友人の会話。


————————————————————–

僕「じゃあ手を抜けば?」


友人「え、手を抜く?」


僕「うん。手を抜くの。つまり綺麗な画像を作るのをやめて、
その部分をシンプルに文字だけにするの。
そしたらすぐに終わるでしょ」


友人「それはそうだけどさ。
お客さんは僕を信頼して高いお金を払ってくれたのに、
面倒だからといって手を抜くのはちょっと・・・」


僕「じゃあ聞くけど、その部分をシンプルに文字だけで説明するのと、
綺麗なバナーに置き換えるのとで、
農家さんの売上はどれくらい変わると思う?」


友人「・・・売上は、あまり変わらないと思う。伝えることは同じだから」


僕「じゃあ、その部分を綺麗なバナーに置き換えることによって、
ホームページを納品された農家さんの満足度はどれくらい変わるかな?」


友人「・・・全体の中では些細な部分だから、ほとんど変わらないと思う」


僕「その部分を綺麗なバナーに置き換えることによって、
君の収入は増加するだろうか?」


友人「・・・料金は固定だから、別に変わらないね。
外注したらむしろ減るね」


僕「じゃあそれはただの君の自己満足だよね。
そんなに苦しくて、誰のメリットにもならない作業なら、
無理にやらなくてもいいんじゃないの?」


友人「・・・」


僕「何かを頑張るということ、何か一つに集中するということは、
それ以外のものから手を抜くということと同義だよ。
だって君の体力も時間も有限なんだから。

そのバナーをいじくる時間を、ヘッダーとか、商品説明の文章みたいな、
もっと売上に直結する部分のクオリティアップに振り分けた方が、
お客さんの売上は増えるんじゃないかな?

あるいは納期を縮めて、少しでも早くお客さんに納品してあげたほうが、
はるかにお客さんの満足度は上がるんじゃないかな?

商品が一定のクオリティに達した後は、
一件あたりの仕事にかける時間を短縮して、
どんどん新しいお客さんから受注を受けた方が、
助けられる農家さんの人数も増えるし、
君も売上が増えて幸せになれるんじゃないかな?」


友人「・・・分かった! この作業はやらない!」


————————————————————–

結果的に友人はその部分に関して綺麗な画像を作るのをやめ、
極力シンプルな形にして次の作業に移ることにしました。

後日、このホームページを納品されたお客さんの
喜びようは大変なものだったそうで、
すぐさま別の商品のホームページ作成も依頼されたとのことです。

めでたしめでたし。



PS.

僕もよく仕事には手を抜いています。

なにぶんデザインとかプログラミングの知識がないので、
作ったページがダサかったり、表示が少し崩れていたり、
端末によって少し読みにくかったりなんてことは日常茶飯事です。

誤字脱字もそこまで真剣にチェックしていないので、
結構ある方だと思います。

自分でもそうした問題点に気づくことはありますが、
「読めるし別にいいか」
「意図は伝わるし別にいいか」
「それほど影響ない部分だし別にいいか」
といって、さっさと別の作業に進んでしまいます。

それで十分売上がたっているので、
直さなきゃいけないと感じることもありません。


ビジネスの世界では、すべてにおいて満遍なく努力する人より、
重要な部分にだけ力を注ぎ、それ以外は意識的に手を抜ける人の方が、
結果的に早く成功する傾向があります。

融通の利かない完璧主義は成功を遠ざけるので注意しましょう。



PPS.

最近母親がよくiPadで映画を見るらしいので、
一番新しいiPad Proをプレゼントしてみました。

ところがこれの使い方を教えるのにだいぶ苦戦。

iPadを1年以上使ってるのに、
未だにGoogle検索ができないという事実に衝撃を受けました。
(普段は特定のアプリでHuluを見るだけ)


その他にも、「YouTube」を聞いたこともないという母親に
YouTubeの意味から教えたり・・・。

外出中も「iPadが使えなくなった!」と電話がかかってきて、
“ホームボタン”を教えるのにまず10分近くかかりました。
(画面の下に丸いボタンがあるといったら、
「ない!」の一点張り。ないわけがない)

知的好奇心も向上心もなく諦め癖もついている高齢者に、
新しいことを覚えさせるのはなんと難しいことか・・・(/ _ ; )


PPPS.

我が家にようやくPSVRが降臨しました。

手に入れたいなーと思いながら、いつも予約受付開始後即完売で、
全然手に入れられなかったので、
仕方なく転売ヤーから割高で買いました。

早速友人たちと盛り上がりましたが、これはすごい技術ですね。
ヘッドホンをすれば完全に異空間を体験できます。

IMG_2155 (1)
IMG_2156

酔ってしまうので慣れるまでは長時間プレイできませんが、
最近のテクノロジーの凄さを実感させられました。

これでさらに画質が良くなって、
触感や嗅覚まで再現されるようになったら、
完全に脳味噌トリップしますね。

戻ってこれない人が続出しそうです。

著者プロフィール

だいぽん
小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、借金まみれの極貧の家庭で育つ。

皿洗いやレジ打ちなど、忙しいアルバイト生活を送る中で、自由を手に入れたいという欲求が抑えがたくなり、就職活動を放棄。
在学中にお金・知識・人脈ゼロの状態でインターネットビジネスで起業。
たった1人&パソコン1台で5年間で約3億円を売り上げる。

現在は働く必要がなくなり、セミリタイア。晴れて自由の身に。
音楽学校に通ったり、創作活動に打ち込んだり、好きな場所へ好きなだけ旅行したりと、趣味中心の生活を送っている。

個人が自由な人生を手に入れるための戦略・思考をブログ・メルマガで配信中。
2015年に電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」を出版し、Amazon総合ランキング1位を獲得。
現在キャンペーン期間中にて上記の書籍(1000円)を無料プレゼント中。
詳細は上記ページにて。
Pocket



Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン



コメント

    • 大沢
    • 2017年 1月 22日

    30年以上前の作品ですが、まさしくvrの世界を描いています。
    かなり、エロティックな部分も描かれています。必見ですよ。

    ビデオドローム』(Videodrome)は、1982年のカナダ映画であり、デイヴィッド・クローネンバーグ監督の代表作品。特殊メイクはリック・ベイカーが手がけた。

    1983年2月に公開されたが、あまりに難解なため製作費の半分も回収できなかった。その後、ビデオ化されてカルト映画として人気に火がついた[要出典]。

    • 通りすがり
    • 2017年 1月 22日

    だいぽんさんのブログ更新お知らせだけは、何故か必ずアクセスして記事を読みにきてしまうなぁ。
    集中する力も人を大切にする心も持ちながら、欲張り過ぎず、求め過ぎずのスタンスが好きです。自分は取捨選択が不得意なので、すごく勉強になります。寒いのでどうぞご自愛ください。

    • きよみ
    • 2017年 1月 22日

    「通りすがり」さんと似てます。何でか見に来てしまいます。
    ITビギナーのお母さんって めっちゃ私の事やん
    PSVR 面白そうですね‼ でも、ほどほどにね
    今日も楽しませてもらいました~✌有難うございます

  1. 「何かを頑張るということ、

     何か一つに集中するということは、

     それ以外のものから手を抜くということと同義」

    大変参考になりました。

    考えを張り巡らせすぎて本質的なこと

    (本当は何が必要なのか)を見落とすと、

    本来取り組むべきでないことに取り組み

    成果が出るのも時間が掛かってしまいますよね。

    その物事の本質とは何かを

    常に考えるようにしたいと思います。

  2. 扇動マーケティングの販売ページデザインもしょぼいですもんね

    以前に、ビジネスを前に進める事が出来ない人は

    「商品力」「販売力」「集客力」を完璧にしないと動き出さない、

    というような記事があったのを覚えてます

    しかし全ての部門を完璧に仕上げてからでは、いつまでたっても動けないので

    そうではなくて、例えどれかが60%の完成度でも

    それで先に動いてしまい、結果を出す方が重要だ、

    というような事を言ってたのを思い出しました。

    • 藤澤清
    • 2017年 2月 08日

    凄い稼ぎ方ですね〜
    私はその十分の一でいいです
    ただただ凄いですね

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

報酬1億5000万円突破

2015-01-18 02.28.18

※一部です。

→実績一覧はこちら

著者プロフィール

だいぽんプロフィール画像

名前: だいぽん

小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育つ。

2009年、バイトで溜めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。
空いた時間を利用してアフィリエイトを始めたところ、4ヶ月目で月収100万を達成してしまい愕然。 家族も呆然。
まったく興味がないのに節税で法人化までする羽目に。

その後収益の自動化が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日。

2015年3月に個人で電子書籍を2冊出版し、Amazon電子書籍ベストセラーランキングの有料本・無料本カテゴリそれぞれで、2冊同時にW1位を獲得する(恐らくAmazon史上初)。

20歳。時給720円の皿洗いの日々
22歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
23歳。半年で月収100万突破してビビる
27歳。1人で年商1億円
28歳。お金のために働く必要がなくなる
29歳。電子書籍出版。Amazon1位をとる
30歳。趣味に生きてる


現在Amazon1位を獲得した電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」の無料プレゼントキャンペーンをやっています。
僕に興味を持ったら試しに読んでみてください。


電子書籍の無料ダウンロードはこちら

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

カレンダー

2017年2月
« 1月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

過去記事

メールフォーム

メールを送る際は、必ず初めによくある質問をご覧になってください。