パチンコ狂いの両親、膨大な家の借金、時給700円の皿洗いの日々…が、藁をもつかむ思いで取り組んだネットビジネスで、4ヶ月後にまさかの月収100万超え。僕も呆然。家族も呆然。就職する必要もなくなり、20代にして自由な日々に突入中。

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

ホールICL手術を受けたらあっさり視力2.0になった

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日ホールICL手術なるものを受けてきました。
これは最近日本でも普及してきた視力矯正手術の一種です。

僕はメガネ歴20年と、メガネとの付き合いはかなり長いです。

なにぶんテレビの画面に顔を近づけて
猿のようにゲームばかりやっている子供だったので、
小学5年生の頃から急激に視力が低下し、
裸眼での生活が困難になりました。


メガネ歴が長いとはいえ、
メガネをかけていると日常生活を送る中で
不便を感じることもあります。

メガネが見当たらなくて大探しすることもあるし、
頻繁に汚れをふき取らなければならないし、
激しく動いたらずれるし、
服を着たり脱いだりするときもいちいち邪魔だし、
視界もやはり裸眼時と比べれば狭くなります。

さすがにそうしたメガネのデメリットにも慣れてはいますが、
裸眼生活に対する憧れは常にありました。


先日、ホリエモンの「無駄死にしない技術」という本を読んでいた時、
ICL手術というワードが出てきました。

直感的にピンときて、僕は一通りネットでICL手術について調べた後、
勢いでそのまま新宿の神戸神奈川アイクリニックに
検査予約を入れてしまいました。


コンタクトレンズの場合、眼球の上にレンズをのせて視力を矯正しますね。

これに対しICL手術は、レンズを眼球の中に”埋め込み”ます。

これにより、いちいちコンタクトレンズを
状況に応じて付けたり外したりする必要がなくなります。

基本的にICL手術は一度レンズを埋め込んだら交換する必要はないので、
半永久的にメガネ・コンタクトなしの裸眼で
高い視力を維持することが可能になります。


詳細はこちら。




他に有名な視力矯正手術としてレーシック手術がありますが、
なぜ僕がICL手術を選んだかというと、それが可逆的な手術だからです。

つまり、いつでも自分が望んだ時に元の状態に戻せるということですね。


レーシック手術の場合、レーザーの照射によって角膜を削り、
光の屈折率を変えることによって視力を回復させるのですが、
この場合、一度手術を行えば元の状態に戻すことはできません。

仮に思うような結果にならなかったり、
後遺症が出たりしても、もう取り返しがつきません。
(また、もともと角膜が薄い人は手術を受けること自体できません)


これに対してICL手術は、角膜を傷つけることなく、
眼の横の方を小さく切開し、そこから中にレンズを挿入するので、
万一手術の結果が気に入らなかったとしても、
眼内のレンズを取り出せば再び元の状態に戻るそうです。
(切開創も放っておけば自然治癒する程度のもの)

この安心感が僕がICL手術を受けるきっかけになりました。

ちなみに神戸神奈川アイクリニック新宿院を選んだ理由は、
ICL手術に関して日本一の症例実績を持っている先生がおられたからです。

お値段は両目で約70万円。

安くはありませんが、一生メガネやコンタクトを
買い替え続けるお金+それらに費やす時間を考えたら、
悪くない投資だと思いました。



初日はまず適応検査から始まりました。
いくつかの機械の前に座らされ、視力や眼圧、
角膜の厚さ等をチェックされます。

この際、瞳孔を開く目薬をさすので、
しばらく視界がぼやけた状態になります。
(3、4時間で元に戻りますが)

別の日にもう一度検査があり、今度は点眼麻酔をして、
さらに詳しく検査をしました。

結果、僕はICL手術を受けるにあたって特に問題はないらしく、
神戸神奈川アイクリニックで手術を受けることを決めました。


レンズに在庫があれば近い日にちで手術できますが、
乱視が強い場合は在庫がない場合が多く、
スイスのメーカーから取り寄せることになるため、
レンズが届くまで1~2ヶ月待つことになります。

僕の場合乱視があるので、レンズの入荷待ちとなり、
手術の日程については保留となりました。


約2ヶ月後、クリニックからレンズが届いたと連絡があったので、
その2週間後に手術日を決定しました。

ついに20年付き合ったメガネとおさらばか・・・と少し感慨がありました。

周囲に「俺は目にレンズを埋め込んでサイボーグになる」と公言しました。

高齢の両親には理解できない手術らしく随分心配されました(笑)

手術3日前から、事前に渡されていた
感染症予防の三種類の目薬を1日4回さしました。


そしいよいよ手術当日。

クリニックに着くとさっそく例の瞳孔を開く目薬と、
点眼麻酔、殺菌のための目薬をさしました。

いい具合に視界がぼやけたところで、手術前の最終チェックをし、
女性スタッフに目玉の切開する場所にペンで書き込みを入れられました。
(目玉にペンで書き込まれるというのは、
麻酔されていてもなかなかにむず痒く気持ち悪い感覚)


それから手術衣に着替え、もう一度点眼麻酔をして、手術台に横たわります。

瞬きをしないよう、大きく目を見開いた状態で瞼をテープで固定され、
目以外の顔の部分には布を被せられました。

そして執刀開始。

目玉のすぐ前にライトがあって、
執刀開始と同時に照射されるのですが、これが眩しい!

先生から我慢してライトの中心を
しっかり見つめ続けるよう指示されるのですが、
太陽を見つめ続けるような感じなので、
あまりの眩しさについ視線を逸らしてしまいます。

その度に先生に「ライトの中心をしっかり見て」と注意されました。


痛みに関しては麻酔効果で全く感じませんでした。
正直眩しすぎて視界がないので、
目を切開される恐怖を感じることもありません。

眩しいなぁと思っているうちに先生から
「今からレンズを入れますねー」と言われて初めて
すでに切開が終わっていることに気づいたくらいです。

レンズの挿入に関しては、これまた痛みはないのですが、
目玉にかなりの圧迫感がありました。
ぐーっと目を押される感じですね。

そのうちぼやけていた視界が隅からクリアになってきて、
「あ、レンズが入ってきてる」と実感しました。
といっても眩しすぎてよくは分かりませんが。

「はい、綺麗に入りましたよ。洗浄しますね」

先生がそういうと、かなり水圧で今度は目玉を洗われました。
普段感じることのない水圧なのでこれもなかなかのストレスですが、
目を閉じることができないのでなされるままです(笑)

しばらく我慢していると洗浄も終わり、片目の手術が終了しました。


全く同じ経過をたどってもう片方の手術も終了。

両目合わせて多分10分とかそんなものだと思います。

痛みはなくても、目への刺激は大きかったので結構消耗しました・・・。


手術後すぐに日常生活は送れますが、
麻酔や瞳孔を開く薬はまだ効いているので、
視界はぼんやりしています。

しばらく携帯をいじったり小さな文字を読んだりするのは難しいです。

手術後にまた感染症を防ぐ目薬を3種類渡され、
その日は1時間おきにさすよう言われました。

また外出中はゴミなどが目に入らないよう、
保護メガネをつける必要があるとのことです。

少しごつい黒縁メガネをかけて、その日はタクシーで帰宅しました。


薬が切れると視界はどんどんクリアになっていきました。
テレビなどは問題なく見れます。

ただ、目がまだ慣れていないため、携帯やパソコンを操作したり、
小さな文字等を読んだりすると掠れやすく、すぐに目が疲れます。

一応目に傷がある状態なので、飲酒やスポーツも数日禁止です。
3日間は頭髪も洗ってはいけません。

目を使うと疲れるので、ひたすら目薬をさしながら安静にしていました。


翌日検査のためにまたクリニックを訪れました。

クリニックはビルの35階にあるのですが、
ふと窓から新宿の風景を見下ろして、
その解像度の高さにびっくりしてしばらくその場に佇んでしまいました。

ビルの輪郭や走っている車なんかがくっきり見えます。
世界が普通のテレビから突然4Kテレビになった感じです。
正直ちょっと感動しました。

クリニックで視力検査をすると、両目ともに2.0になっていました。
僕の人生において間違いなく最強の視力です。
(ちなみに手術前の僕の裸眼時の視力は0.06)
一番下のやつも普通に見えました。


経過も良好ということで、新しい目薬を受け取って帰宅。

それから現在まで約1ヶ月が経過しましたが、
特に目立った問題は起きていません。

保護メガネも必要なくなり、裸眼生活になじみ始めています。

この快適さに慣れるともうメガネには戻りたくないですね。
勇気を出して手術してよかったです。

近々綺麗な星空を見るために旅行する予定です。



手術をしてビビったこと

・起きてすぐ何もしなくても視界がクリア。

・お風呂場がクリア。
普段お風呂に入るときはメガネを外すのでいつもぼやけており、
入浴中も視界が良好というのは新鮮。

・星が綺麗。
東京の空でもこんなに星が見えるんだなーと驚いた。
空を見上げる頻度が増えました。

・メガネをかけていない自分はこんな顔だったのかという驚き。
メガネ人間はメガネを外すと視力を失うので、
メガネがない自分の顔を明瞭に見ることはできないのです。
ときどき鏡やガラスに映る自分を見て「誰やねん」って突っ込みたくなります。

・ラーメンを食ったときに曇らない。
気温差の激しい部屋に入ったときにも曇らない。
地味なメリット。


手術をして感じたデメリット

・光を見ると角度によってはレンズに反射してチラチラする。
レンズが入ってるわけなのでこれはしょうがないのかもしれませんが、
最初の頃は若干気になりました。
まあ慣れましたが。

・至近距離を見ると老眼みたいな感じで若干ぼやける。
しかしこれは徐々に改善した。

・1~2ヶ月は目薬生活。面倒くさいです。


自分が手術できるかどうかの適応検査を受けるだけなら無料です。

その際詳しい説明を受けられますし、色々と細かい質問もできるので、
興味があれば申し込んでみてもいいと思います。


PS.

初めてふるさと納税というのをやってみたのですが、
怒涛のように返礼品が届き始めています。

友人たちと連日集まって食べていますが、消費のペースが追いつきません。


第1弾。毛ガニ。
普通にゆでて食べました。
カニ味噌が美味!

0

第2弾。ピザ。
普通においしかったです。

1

第3弾。宮崎牛。
とろけるお肉です。皆悶絶。
塩、ステーキソース、わさび醤油など、
いろんな調味料で腹いっぱいステーキ食べました。

3
3b

第4弾。ケーキセット。
焼き菓子やらチーズケーキやらいろいろありました。

2b
2

第5弾。すき焼き用佐賀和牛。

4b (2)
4b (1)

第6弾。極選豚。
このあたりで冷蔵庫パンク。
佐賀牛とあわせてしゃぶしゃぶで食べました。
7人がかりで食っても食ってもなくならない。

5
5b

第7弾。但馬牛。
肉鍋でいただきました。

6b
6

第8弾。鹿児島和牛と北海道豚の焼肉用。
連日肉パーティしてもお肉が食べきれてないのに、
さらにお肉が届くという・・・。
なんかもう肉屋ひらけそう。
今度は焼肉にしていただきました。

7
7b

第9弾。うなぎ&松葉ガニ。
ようやくお肉からの解放。
うなぎがふわっふわすぎて皆絶賛。
島根からきた友人がお土産で佐渡の最高級米を持ってきてくれたので、
うな丼にしました。
このお米も凄かった。
一粒一粒の存在感がすごく、噛まなくても甘いお米です。
松葉ガニはカニ鍋にしました。
僕のふるさと鳥取の返礼品です。

8
8b
8c

第10弾。プリン。
高密度でぎっしり感。味も濃厚。
皆喜んで食べて一瞬でなくなりました。

10

第11弾。那須の野菜カレー50食セット。
た、食べきれる気がしない…。

9

第12弾。稚内アイスセット。
ミルク感が濃厚で激うま。
これも一瞬でなくなりました。

12


こんなに返礼品を送られると太ってしまいます(汗)
いちいちクオリティ高いし。

しかもまだまだ届きそうな気配。
友人たちと”ふるさとの乱”と呼んでいます。
実家の方にも送っているのですけどね…。

こうやって色々なものが届くと、
納税する側としても貢献感があって嬉しいですね。
普段は搾取されてる感じしかないので。

ふるさと納税は面倒くさいと思ってこれまでやらなかったのですが、
「さとふる」というサイトはとても使いやすかったですよ。
まだやったことがない方はぜひ試してみてください。

著者プロフィール

だいぽん
小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、借金まみれの極貧の家庭で育つ。

皿洗いやレジ打ちなど、忙しいアルバイト生活を送る中で、自由を手に入れたいという欲求が抑えがたくなり、就職活動を放棄。
在学中にお金・知識・人脈ゼロの状態でインターネットビジネスで起業。
たった1人&パソコン1台で5年間で約3億円を売り上げる。

現在は働く必要がなくなり、セミリタイア。晴れて自由の身に。
音楽学校に通ったり、創作活動に打ち込んだり、好きな場所へ好きなだけ旅行したりと、趣味中心の生活を送っている。

個人が自由な人生を手に入れるための戦略・思考をブログ・メルマガで配信中。
2015年に電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」を出版し、Amazon総合ランキング1位を獲得。
現在キャンペーン期間中にて上記の書籍(1000円)を無料プレゼント中。
詳細は上記ページにて。
Pocket



Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン



コメント

  1. なるほどなぁ、いろいろすごい。

  2. おはようございます。
    私も眼鏡生活が長いです。色々不便なことが多いです。
    慣れつつありますが(笑)
    でも、目の手術は怖くて・・・。

    にしてもふるさと納税、凄いですね!?

  3. 手術お疲れ様でした。

    それにしても今は凄い技術があるものですね。

    将来的には、
    あらゆる身体的ハンデを自然に近い状態に
    修正できるようになると思います。

    舌から採取したDNAを基に心臓を作る・・・
    なんてこともあるかもしれませんね。

    時代が進んでいく・・・

    • よしぼっち
    • 2017年 2月 18日

    レーシックよりも、こちらの方が良さそうですね!

    「サイボーグ」と「メガネをかけてない自分」の
    ところは笑いましたw

    近年は、技術の進歩がすごいですから、
    徐々に体をサイボーグ化していく可能性もありますね(^o^)

    • 日向@hyuga
    • 2017年 2月 18日

    同じく視力の悩みを持っている者ですがホールICL手術、、興味深いです!
    ”万が一の時は元の状態に戻せる” この1点に尽きますね。

    今後検討してみようかと思える記事内容で感謝です^^体験記ありがとう御座います。

    そして、、”ふるさとの乱”ww
    ふるさと納税にも興味が湧きました。

    • ミギケン
    • 2017年 2月 19日

    ホールICL手術は文章を読んでいると白内障の手術に似ているように思えました。

    私は左目が白内障になりレンズを入れています。

    当初は5年位でレンズを交換する手術が必要との説明でしたが、15年以上視力にも眼にも異常がありません。

    医学の進歩はありがたいですねw

    • かなん
    • 2017年 2月 19日

    おはようございます。
    ICLいいですね。
    私も視力0.4切ってますので、受けてみたいです。

    ふるさと納税の特典はすごいと聞いてはいましたけど豪華ですね。
    こちらもぜひ、やってみたいです。

    • アキモト
    • 2017年 2月 22日

    ブログ拝見しました。
    アキモトといいます。
    視力矯正手術はレーシックしか知らなかったので、驚きました。
    知ったその日に予約なんて、すごい行動力ですね。
    私も目が悪く普段コンタクトをしているので、検討してみます。
    また、よらせていただきます。

  4. 視力矯正レーシック以外にもあったのですね。
    私はまだ手術するほど視力が悪くはないのですが
    そろそろ老眼が出てきているのかも・・・・
    でも、その日に予約するなんて、行動力というか
    決断力のすごさですかね。

    おいしいものもいっぱい食べて、
    視力の回復した目でいろんなものを
    見たりしてくださいね。

    ありがとうございました

    • スギゾー
    • 2017年 3月 02日

    だいぽんさんこんばんは。
    I視力2.0になり良かったですね。レーシックは聞いたことありますが、ICL手術は初めてしりました。
    僕も乱視の矯正ができるとしたら治してみたいです。

    ふるさと納税の返礼品もすごいですね!美味しいものをご友人達と堪能されて最高じゃありませんかか!

    僕も肉食べたくなったので失礼します。

    • corona-exiv
    • 2017年 6月 11日

    いつも楽しくてためになるブログありがとうございます

    この視力矯正方法があることが正直新鮮味を覚えました。

    だいぽん様、いつもありがとうございます

    次回も楽しみにしてます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

報酬1億5000万円突破

2015-01-18 02.28.18

※一部です。

→実績一覧はこちら

著者プロフィール

だいぽんプロフィール画像

名前: だいぽん

小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育つ。

2009年、バイトで溜めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。
空いた時間を利用してアフィリエイトを始めたところ、4ヶ月目で月収100万を達成してしまい愕然。 家族も呆然。
まったく興味がないのに節税で法人化までする羽目に。

その後収益の自動化が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日。

2015年3月に個人で電子書籍を2冊出版し、Amazon電子書籍ベストセラーランキングの有料本・無料本カテゴリそれぞれで、2冊同時にW1位を獲得する(恐らくAmazon史上初)。

20歳。時給720円の皿洗いの日々
22歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
23歳。半年で月収100万突破してビビる
27歳。1人で年商1億円
28歳。お金のために働く必要がなくなる
29歳。電子書籍出版。Amazon1位をとる
30歳。趣味に生きてる


現在Amazon1位を獲得した電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」の無料プレゼントキャンペーンをやっています。
僕に興味を持ったら試しに読んでみてください。


電子書籍の無料ダウンロードはこちら

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

カレンダー

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

過去記事

メールフォーム

メールを送る際は、必ず初めによくある質問をご覧になってください。