パチンコ狂いの両親、膨大な家の借金、時給700円の皿洗いの日々…が、藁をもつかむ思いで取り組んだネットビジネスで、4ヶ月後にまさかの月収100万超え。僕も呆然。家族も呆然。就職する必要もなくなり、20代にして自由な日々に突入中。

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

お金が減り続けるアーリーリタイアとお金が増え続けるアーリーリタイア

2017.06.29

3件

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

以下のような記事を見つけたので、27歳くらいから半ばアーリーリタイアしている身として、少し経験則を語ってみます。

・身ぐるみ剥がれた日本人は「海外リタイア生活」の最期に何を見たのか?
http://www.mag2.com/p/money/250304

アーリーリタイアには二種類あります。
貯金が減り続けるアーリーリタイアと、貯金が増え続けるアーリーリタイアです。

普通の人が想像するアーリーリタイアはたいてい前者です。
宝くじ、ギャンブル、FX、株、起業など、なんらかの方法で一発ドカンとあて、一生ぶんの生活費を賄えるくらいのお金を銀行口座にまず貯めます(3億円とか)。
仕事を辞めてからは、貯金を少しずつとり崩しながら余生を送ります。

ただ、このアーリーリタイアの方法は、難易度が高い割に人生の満足度が低くなりがちです。

一過性の出来事で大金を得たからといって、働くのをやめれば当然そこで収入は途絶え、それ以上貯金が増えることはありません。

普通に生活していれば貯金は減っていきますし、何かを買えばやはり貯金が減ります。

貯金だけでその後の人生を生きていかなければならない人にとって、貯金残高≒余命です。
つまり消費とは余命を削る行為です。
何かを買うたびに余命が減っていく状態では、消費すること自体にストレスが伴うため、ついつい欲望をセーブしてしまいがちです。


それに貯金だけで生涯生きていくためには、1年のうちに使っていい金額を寿命から逆算しなければなりません。
例えば現在40歳で2億円の貯金があり、 この貯金だけで80歳まで生きるとすれば、1年の間に取り崩していい金額は500万円です。
(年金や資産運用益などはとりあえず度外視)

しかし、自分があとどれだけ生きるかわからない状態では、毎年使っていい金額について正確な数値を出すことは困難です。
医療技術は日進月歩ですから、今40歳の人が80歳になる頃には、平均寿命はゆうに100歳を超えているかもしれません。
100歳まで生きるとすれば、年間500万は明らかに使いすぎです。
不意な出費もあるでしょうから、安全策をとるなら、年間支出を300万円程度に抑えなければならなくなります。

年間300万(500万でもいいですが)という限られた枠の中で生涯過ごすことを強いられるというのも、なかなか辛いものがあります。
人生のクオリティ(生活水準的な)がおおむね予測できてしまい、上昇の余地がないわけですから。

その平坦さはある意味とても退屈で、ときに人生に閉塞感を覚える原因になるかもしれません。
(例えば若いサラリーマンの多くが将来に希望を持てない理由の一つは、上司の姿や会社の給与体系などから、自分の未来の限界が予測できてしまうためです)


これに対し、貯金が増え続けるアーリーリタイアは、上記のような不安・ストレスは無縁です。

貯金が増え続けるアーリーリタイアとは、現在の口座の貯金残高に頼ったアーリーリタイアではなく、自分が働かなくても安定して入り続けるキャッシュフローに頼ったアーリーリタイアです。
例えば権利収入とか不動産収入、自動化された事業からの収入などですね。

月々のキャッシュフローが生活費を上回った時点で、貯金がさほどなくてもアーリーリタイアが可能です。
月々25万の不労収入があれば、年間300万円程度の生活は維持できます。
これは2億円の貯金を作ることと比べたらはるかに早く、楽です。

貯金が増え続けるアーリーリタイアの場合、貯金残高は余命ではありません。
貯金が最悪ゼロになっても、翌月まで待てば勝手にキャッシュフローが入ってきて残高は回復します。
欲しいものを買って消費しても、月々のキャッシュフロー内の金額にとどめておけば、貯金残高は翌月以降もどんどん増えていきます。
そのため、お金を使うことに対して罪悪感が伴いません。

さらに生活水準をあげたいと思えば、収入を投資に回せばいいのです。
そうすればキャッシュフローが増え、生活の質が上がっていきます。
未来がどんどん良くなっていく予感しかないので、精神衛生も非常にいいです。

そのうち、食べたいものを食べ、買いたいものを買っていてもキャッシュフローを使い切れず、嫌でも貯金が増え続けるステージに入ります。
するとお金が余るからさらに投資し、投資することによってまたキャッシュフローが増えてしまう、というスパイラルがおきます。

この辺りではリスクを分散する余力もできてくるため、収益の安定性も増します。
ちょっとやそっとのことで収益が失われるリスクがなくなるため、長生きも怖くなくなります。


貯金が減り続けるアーリーリタイアと、貯金が増え続けるアーリーリタイアは、実現されるライフスタイルが同じでも、後者のほうが100倍心にゆとりができます。
前者は下降の中で生き続ける人生、後者は上昇の中で生き続ける人生です。
当然後者の方が人生は楽しいですね。

というわけで、アーリーリタイアを目指すのであれば、コツコツ貯金なんかせず、ひたすら不労収入的キャッシュフローの構築に励むことをお勧めします。
1000万円貯金するより、それ使って月10万のキャッシュフローを作るほうがはるかにマシです。


ちなみにアーリーリタイアを目指して物価の安い国に移住するというのは、記事にもある通り、あまり割に合わない行為だと思います。
東南アジアの経済成長は著しく、日本との物価の差はすでに昔ほどありません。
(つい先日も台湾に行きましたが、それほど物価が安いという印象はうけませんでした)

また、生活費を半分にするために、知る人のいない異国の地で、新たな言語や文化を覚えたり、新たな生活を作り上げたりすることと比べたら、日本にいながら収入を倍にするほうが圧倒的に楽だと思います。


PS.

アーリーリタイアについてこんな記事もありました。がくぶる。

・早期リタイアすると「認知力が低下」する可能性がある


PPS.

VALUというサービスが最近人気を博していますね。
いわば個人が株を発行できるサービスです。
僕も公開直後に試しにホリエモンのVALUに数ビットコイン放り込んでみたら一瞬で倍になってウケました。

ブログとかメルマガとかYoutubeとかで情報発信している人にとっては相性のいいサービスだと思うので、発行側になってみるのも面白いと思います。
僕は今のところやるつもりはないですが。

解説記事としてはこちらが参考になるかと。

PPPS.

通りかかったケーキ屋で見つけて思わず買ってしまいました…。
ラズベリーの甘酸っぱさがいい感じです。

ddd



PPPPS.

著者プロフィール

だいぽん
小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、借金まみれの極貧の家庭で育つ。

皿洗いやレジ打ちなど、忙しいアルバイト生活を送る中で、自由を手に入れたいという欲求が抑えがたくなり、就職活動を放棄。
在学中にお金・知識・人脈ゼロの状態でインターネットビジネスで起業。
たった1人&パソコン1台で5年間で約3億円を売り上げる。

現在は働く必要がなくなり、セミリタイア。晴れて自由の身に。
音楽学校に通ったり、創作活動に打ち込んだり、好きな場所へ好きなだけ旅行したりと、趣味中心の生活を送っている。

個人が自由な人生を手に入れるための戦略・思考をブログ・メルマガで配信中。
2015年に電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」を出版し、Amazon総合ランキング1位を獲得。
現在キャンペーン期間中にて上記の書籍(1000円)を無料プレゼント中。
詳細は上記ページにて。
Pocket



Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン



コメント

  1. 僕の周りにも『コンサル』で
    月収100万円といっている人がいますが、
    だいぽんさんに教わったキャッシュフローという
    考え方、『仕組み化』の考え方
    が全く無いので負ける気がしないですね。

    今は、なんとか30万円のキャッシュフローを作ることができました。
    少なくとも100万のキャッシュフローは作らなければならないなと思います!
    ABA頑張ります!

  2. 確かに宝くじを当てて
    大きな金額を得るのも夢があります。

    でも
    結局はその枠の中でしか生きられないのは
    窮屈極まりないですね。

    であれば、だいぽんさんのおっしゃるように
    自分の力で毎月10万円、20万円と
    稼げる力を手にした方が
    心のゆとりも変わってきますね。

    1発当てた人はその前後で何の変化もありませんが、

    自動収入の仕組みを築いた人は
    ビジネスの原理原則をマスターして
    いつでも市場からお金を引き寄せる力を
    手にしたということですから。

    今回も勉強になりました!

  3. とても参考になりました。

    僕は、お金が無くなって不安になる心配をしたくないし、
    かといって働かないでぐうたらしすぎるのは嫌な人間でした。

    だけど、このだいぽんさんの記事を見て働かないのでなく。

    「お金」の為に働く必要がだいポンさんにはなくなった。
    だからこそこのような淡々とした記事が架けるのだなあと思いました。
    参考にさせてください。

    勝手ながらとても参考になったのでHPにリンクさせていただきました。

    ありがとうございます。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

報酬1億5000万円突破

2015-01-18 02.28.18

※一部です。

→実績一覧はこちら

著者プロフィール

だいぽんプロフィール画像

名前: だいぽん

小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育つ。

2009年、バイトで溜めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。
空いた時間を利用してアフィリエイトを始めたところ、4ヶ月目で月収100万を達成してしまい愕然。 家族も呆然。
まったく興味がないのに節税で法人化までする羽目に。

その後収益の自動化が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日。

2015年3月に個人で電子書籍を2冊出版し、Amazon電子書籍ベストセラーランキングの有料本・無料本カテゴリそれぞれで、2冊同時にW1位を獲得する(恐らくAmazon史上初)。

20歳。時給720円の皿洗いの日々
22歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
23歳。半年で月収100万突破してビビる
27歳。1人で年商1億円
28歳。お金のために働く必要がなくなる
29歳。電子書籍出版。Amazon1位をとる
30歳。放置で年商3億円。趣味に生きてる


現在Amazon1位を獲得した電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」の無料プレゼントキャンペーンをやっています。
僕に興味を持ったら試しに読んでみてください。


電子書籍の無料ダウンロードはこちら

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

カレンダー

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

過去記事

メールフォーム

メールを送る際は、必ず初めによくある質問をご覧になってください。