パチンコ狂いの両親、膨大な家の借金、時給700円の皿洗いの日々…が、藁をもつかむ思いで取り組んだネットビジネスで、4ヶ月後にまさかの月収100万超え。僕も呆然。家族も呆然。就職する必要もなくなり、20代にして自由な日々に突入中。

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

いきなり世界を変えようとしてはいけない&青森旅行記

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が面白いと思ったら、いいね!、リツイート、シェアをお願いします!

Pocket


免許更新のために久々に実家に帰ったら、
以前転売教えた友人が月30〜40万くらい
安定して稼ぐようになっていました。

副業らしいのでまあまあ良い数字ですね^^
お礼と言うことで焼き肉奢ってもらっちゃいました。




最近思ったこと。

「世の中を変える!」みたいな情熱・野望・大志がない限り、
起業すべきではない的な言説があるけど、あれ謎ですね…。

どう考えても「俺が豊かになる!」「家族を幸せにする!」
っていう欲望で起業した方が、
大半の人にとってはパワー出るし長続きすると思うんですけど。

僕も世界を変えたいなんて欠片も思ってなかった(今も思ってない)けど、
自由になりたい一心でちょっとした成功はできたし。
(上記の友人も動機は生活を楽にしたい、です)



むしろいきなり世の中を変えようなんて思ってしまったら、
逆に行動できなくなる気がするんですよね。

起業経験ゼロで、資金も人脈も知識もろくにない状態で、
世の中を変えられるほどのインパクトのある事業を思いついて、
いきなり軌道に乗せられるか…?

僕はちょっと想像できないです。
中にはできる人もいるんでしょうけど…
よっぽど特殊なケースじゃないですかね。
レベル1でいきなりラスボス倒しにいくようなもんです。


まったくの起業未経験者にそんな画期的ネタは多分思いつかないし、
仮に思いついても現実味のない荒唐無稽のものである可能性が高いし、
仮にそれが有効なものであっても実行力・実現力がないので、
あっさり壁にぶつかって頓挫するか、
永久に勉強・準備だけして終わるパターンに直行です。

まずはミニマムな規模でいいので起業してみて、
自分や家族の生活の不安をなくして、
事業に全力で打ち込めるだけ時間的・精神的余裕を作って、
アイデアを実現させられるだけの起業・経営の基本的スキルを身につけて、
新規事業に投資できるまとまったお金を用意して…

それから世の中を変えるということを考えても遅くないのでは。
圧倒的にそちらのほうがやれることの幅は広いので。

実際僕の周りでも、
アフィリエイトとか転売とかで資金を作って独立し、
十分な余裕を持ってから規模の大きなビジネスに
ステップアップしていく人が多いです。



強烈な覚悟を強いて起業のハードルをやたら上げようとする人たちって、
今や害悪な気がします。
(古い経営者や自称コンサルタントに多い)

これは友人から聞いた話なのですが、
辛い思いをして成功した経営者は「辛い思いをして成功する方法」を教えるし、
簡単に成功した経営者は「簡単に成功する方法」を教えるのだそうです。

彼らの時代に起業で成功するためには、
確かにそれだけの覚悟が必要だったのかもしれません。


でも、今はそんな時代じゃないですね。
自分で商品作らなくてもいいし、店舗もいらないし、人も雇わなくていいし。

起業に興味がある人は、
とりあえずでかいリスク負わずになんかやってみればいいと思います。
別に野望とか大志とか持ってなくても、成功する人は成功するので。



PS.

知り合いにK君という20歳そこそこの起業家がいますが、
彼は車が大好きで、高級車を収集するために起業したそうです。

将来は自分のガレージに高級車を並べてライトアップし、
そこにバーカウンターを作って、
自分の車を眺めながらお酒を飲むのが夢だそうです。

清々しいほど個人的な欲望による起業ですが、
自分の夢と直結しているだけに頑張れるらしく、
Webサイト作成の事業とコンサル業の二つを軌道に乗せていて、
すでに1台大きな外車を乗り回しています。

詐欺的なビジネスでもない限り、
事業を軌道に乗せるということはそれ自体社会への価値提供なので、
起業の動機なんて何でも良いのだと思います。



PPS.

紅葉の秋ってことで、一週間ほど東北に遊びにいってきました。

福島の五色沼。
エメラルドグリーンの沼。

青森のほしのリゾート、奥入瀬渓流ホテルのラウンジ。
中央のは暖炉で、岡本太郎の作品らしい。

奥入瀬渓流すばらすぃ…。
まるでもののけ姫の世界。
ちょっと時期が早いかと思ったけど、紅葉もいい感じ。
浄化されました。

八甲田山の紅葉と味噌焼ききりたんぽ。

ホテルのBAR。木がライトアップされてていい感じ。

青森と言えばリンゴ。
リンゴのミルフィーユ。

深夜の露天風呂貸切状態。
雰囲気やばす。

本州最北端の下北半島へ。
なんかもの寂しいところ。
まさに東北って感じ。寒い。

山の中のホテルで一泊。

また貸し切り露天。
湯の中に老いた紅葉がひらり。

海鮮がうまい。
地酒とともに。

温泉は気持ちいいし、料理も美味しかったけど、問題が一つ。
カメムシが大発生しているらしく、
部屋にも温泉にもカメムシがうようよしていました。

部屋だけでも10匹近く自分で駆除しました。
さすがにこれは参った…。
以後、このホテルのことはカメムシホテルと呼ぶことにしました。

続いて当初の目標だった霊場恐山へ。
口寄せのイタコで有名なところです。
今はシーズンオフなのでイタコはいませんでしたが。

恐山雰囲気すごすぎ。
世界遺産登録していいと思う。

三途の川渡っちゃった。

鏡のように透明な宇曽利湖。
綺麗さとは裏腹に、硫黄の匂いが漂う。

なんか沸騰してました…。

無料で入れる温泉もありました。
…が、この雰囲気(笑)
アメニティももちろんない。
ちょっと浸かる勇気がありませんでした。
でも手をつけてみたらいい湯でした。

ああ、確かにこの世のものではない、
と思わせるに足る説得力のある場所でした。
遠かったけど来て良かったです。
いつまでも忘れそうにありません。


本州の最北端にもきてみました。
マグロで有名な大間。
対岸に北海道が見えます。
石川啄木の歌碑がありました。
カモメが数匹啼いていました。

大間のマグロ丼うま!!
赤身でぶっとぶくらいうまい。
いわんやトロをや。

米に乗せて食うのがもったいなかったから
ご飯から剥がして単品で食べてました。

ドライブ中、野良猿親子を発見したので、思わず車を止めてパシャり。
残念ながら親しか撮れませんでしたが。
偶然猿に遭遇するとか、ちょっと感動しますね。
さすが下北半島。

日没寸前に駆け込んだ下北半島西の仏ヶ浦。
これもぶっとんだ。
これまで海岸沿いの奇岩巨岩の類はいくつも見てきたけど、
こいつは桁が違いました。
口を開けて呆然と見上げるほどの巨岩が密集しています。
写真では迫力が伝わらないのが無念でなりません。

そしてレンタカーの返却時間に間に合わず、
急遽唯一空いていた青森駅近くのビジネスホテルに宿泊(笑)
もう一泊して、青森美術館にいきました。

あおもり犬。
でかい。

近くにあった三内丸山遺跡にも足を伸ばしました。
タイムスリップ。

縄文時代に食べられていた食材を使った定食。
いいもん食ってるなー縄文人。

僕の先祖は縄文時代何をやっていたのだろう…。
タイムマシンがあったら自分の祖先の人生を一人一人追ってみたいですね。

青森駅で食べた焼きリンゴ。

東北新幹線って、グリーン車の上のグランクラスって座席があるんですね。
興味が湧いたので帰りに乗ってみました。

グランクラスは先頭車両。
座席がスタイリッシュ。
頭、腰、足と細かく角度を調節できるし、後ろを気にせず思い切り倒せます。

ドリンクフリーだったのでお酒をグイグイ飲みながら読書灯で読書。
つまみと軽食が出てきました。
なかなかうまい。
ボタンを押すとホテルマンみたいな乗務員がやってきて
甲斐甲斐しくサービスしてくれます。

新幹線の座席のグレードを上げることによるメリットは、
座席の快適さだけでなく、物事に集中できる静けさを得られることだと思っています。
他の乗客もマナーのある人が多いし。
グランクラス席は行き交う人もあまりいないので、大変静かでした。



PPPS.

東京デザイナーズウィーク2014というイベントにも参加してきました。
昨年も参加しましたが、変なものがたくさんあって楽しいんですよね。

展示されていた受付嬢ロボが思いの外リアルでした。
これはロボットの時代くるな。

電車を待つサラリーマンの葬列。
受ける。





PPPPS.

やばい!
バブルサッカー超面白そう。

この記事が面白いと思ったら、いいね!、リツイート、シェアをお願いします!

Pocket


著者プロフィール

だいぽん
小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、借金まみれの極貧の家庭で育つ。

皿洗いやレジ打ちなど、忙しいアルバイト生活を送る中で、自由を手に入れたいという欲求が抑えがたくなり、就職活動を放棄。
在学中にお金・知識・人脈ゼロの状態でインターネットビジネスで起業。
たった1人&パソコン1台で5年間で約3億円を売り上げる。

現在は働く必要がなくなり、セミリタイア。晴れて自由の身に。
音楽学校に通ったり、創作活動に打ち込んだり、好きな場所へ好きなだけ旅行したりと、趣味中心の生活を送っている。

個人が自由な人生を手に入れるための戦略・思考をブログ・メルマガで配信中。
2015年に電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」を出版し、Amazon総合ランキング1位を獲得。
現在キャンペーン期間中にて上記の書籍(1000円)を無料プレゼント中。
詳細は上記ページにて。


Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン



コメント

  1. バブルサッカーを体験しました。

    3分で、汗だくでした。

    怪我の可能性も少ないし、楽しいです!!

    • プラチナ@絶対的に自由な恋愛
    • 2014年 11月 12日

    だいぽんさん、こんばんは。

    いつも勉強させていただいています。

    >辛い思いをして成功した経営者は「辛い思いをして成功する方法」を教えるし、
    >簡単に成功した経営者は「簡単に成功する方法」を教えるのだそうです。

    これには衝撃をうけました。

    僕は女の子に困らない自由な恋愛をする方法を教えているのですが、
    自分が苦労したからこそ、
    もっとこうすれば楽になるのに、
    と読者ができるだけ最短の道のりを歩けるようにと考えていたので真逆の方向を向いています。

    日本人の苦労は買ってでもしろという言葉も
    もはや今の社会には必要はないのかも知れません。

    わざわざ辛い道を選んで苦労を買って出ずとも、
    結果を出したいのなら最短の道を進めばいいと思います。

    僕も今まで通り自分の欲望のために努力する所存です。
    本日もありがとうございます。

  2. はじめまして,颯太と申します。

    いつもメルマガで学ばせていただいています。

    いきなり『〇〇業界の革命児』みたいに
    なろうとするのは,かなりハードル高いですよね。

    十分に状況を整えてから起業の方が成功の確率が安定しますよね。

    動機に関しても,確かに事業が軌道に乗るということは
    社会のニーズにこたえているということなので関係ないですよね。

    勉強になりました。
    ありがとうございます。

    受付嬢ロボの質感,スゴイですね。
    受付嬢まで(ある意味)システム化!?

    • ドナルド杉山
    • 2014年 12月 06日

    だいぽんさん、こんにちは、青森県上北郡に住む者です。
    たまにここに来て進捗を見てます。今回、青森に旅行に来て頂きありがとうございます。
    大間のまぐろを食べて感動しましたか? 八食センターにはもちろん行ったと思いますが
    自分随分前に与沢さんのテレビと本を読んで、アフィリエイトと言う言葉を知り教材買って
    読んでみましたがいまいち興味が持てませんでした
    それで自己アフィリでいくらか貰いまして終了、素人の人は教材かって実践してすぐに
    収入につながらないから撤退するパターンのようですが、自分が商売をするときに何を
    したいかと言えば、首都圏にあって田舎にはないものを普及させたい、八戸には無いもので
    仙台にあるものです。仙台は都ですので人口密度が足りません
    今はメンズエステに趣味で行ってます。脱毛とか痩身ですね
    年間で80万円くらい、実験のために通ってます
    自分その他大勢が興味ある話題には殆ど興味が無くて、変な人がはまるものに興味が
    そそられます。ネットで情報を探し出すまでが時間がかかります
    今の検索システムでは自分の欲しいと思う情報を探せない人が殆どだと思います
    だいぽんさん、首都圏にいるのであれば、IT立ち上げて次世代の検索システム構築
    してくれませんか、

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

報酬1億5000万円突破

2015-01-18 02.28.18

※一部です。

→実績一覧はこちら

著者プロフィール

だいぽんプロフィール画像

名前: だいぽん

小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育つ。

2009年、バイトで溜めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。
空いた時間を利用してアフィリエイトを始めたところ、4ヶ月目で月収100万を達成してしまい愕然。 家族も呆然。
まったく興味がないのに節税で法人化までする羽目に。

その後収益の自動化が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日。

2015年3月に個人で電子書籍を2冊出版し、Amazon電子書籍ベストセラーランキングの有料本・無料本カテゴリそれぞれで、2冊同時にW1位を獲得する(恐らくAmazon史上初)。

20歳。時給720円の皿洗いの日々
22歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
23歳。半年で月収100万突破してビビる
27歳。1人で年商1億円
28歳。お金のために働く必要がなくなる
29歳。電子書籍出版。Amazon1位をとる
30歳。趣味に生きてる


現在Amazon1位を獲得した電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」の無料プレゼントキャンペーンをやっています。
僕に興味を持ったら試しに読んでみてください。


電子書籍の無料ダウンロードはこちら

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

過去記事

メールフォーム

メールを送る際は、必ず初めによくある質問をご覧になってください。