パチンコ狂いの両親、膨大な家の借金、時給700円の皿洗いの日々…が、藁をもつかむ思いで取り組んだネットビジネスで、4ヶ月後にまさかの月収100万超え。僕も呆然。家族も呆然。就職する必要もなくなり、20代にして自由な日々に突入中。

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

子供に教えたいお金儲けの話

2013.11.13

1件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が面白いと思ったら、いいね!、リツイート、シェアをお願いします!

Pocket


ここのところ急激に寒くなってきましたね。

先日スーパーに行ったら鍋スープが大量に積まれていて、
思わず野菜と一緒に買ってしまいました。
鍋は手軽にたくさんの野菜を採れるから好きです。

で、テレビをつけっぱなしにして、
キッチンで野菜を刻んでいたら、
お金の儲け方がどうのこうのと聞こえてくるんです。

「子供に教えたいお金儲けの話をしよう」という番組でした。

実際に子供たちをたくさん集めて、
その前で大企業の社長たちがお金の話をする、
というコンセプトです。



子供にお金儲けの話はタブー視される国なので、
こういう番組は珍しいですね。

料理しながらなんとなく耳をそばだてていましたが、
次から次へと年商何十億~何百億くらいの社長たちが現れて、
お金に関する持論を語っていました。

まぁ、お手本的な意見多かったですね。
「人に感動を与えなければならない」
「常識にとらわれず人と違うことをやるべき」
とか。

「我慢してるから成功できないんだ」
「いや、若いうちは我慢しなければならない」
みたいな対立もあったり。

まぁ別にお金持ちになる経緯なんて人それぞれだし、
意見が分かれるのは当たり前ですが。

(ちなみに僕はビジネスに関しては、
別に必ずしも感動与えなくてもいいし、
人の真似は積極的にしたほうがいいし、
我慢は最初にちょっとだけ必要だと思ってます)



ただ、パズ○ラで有名になったガ○ホー社長の、
「無理に夢を持たずに目の前のことを一生懸命やればいい」
って主張は一番謎でした……。

確かに彼はそうやって作ったものが
たまたまヒットしたかもしれませんが…。


毎日1000枚の皿を洗ってる皿洗いが、
死ぬほど頑張って毎日2000枚の皿を洗ったところで、
まずお金持ちにはなれません。

せいぜい時給が数十円〜数百円アップするか、
社員に取り立てられて月給数十万の世界に行くだけ。

あるいは年商1000万の会社でどれだけ身を粉にして働いてても、
サラリーマンが社長の収入を上回ることはまずないです。


もちろんそこで得た経験が役に立つことはあるかもしれないけど、
お金持ちになるという目的から考えたらあまりにも遠回り。

僕の家が借金まみれだったときに、彼の発言を真に受けて、
「そうか、目の前のことを一生懸命やってればいいんだな!」と、
バイトの時間を目いっぱいに増やしたりしていたら、
多分とっくに返済が追い付かなくて破滅していたでしょうね…。



人生なんてそんなに長くないんだから、
ちゃんと自分にとっての成功に繋がってる道を見極めて、
最短距離を歩いた方がいいです。

20代、30代、40代で自由になりたい人は、
普通にサラリーマンやってる限り、
どんなに血反吐を吐いて働いても夢がかなう可能性は低いので、
そのままその会社で頑張り続けるんじゃなくて、
さっさと脱サラに向けて動き出さなければいけません。

また、自分で忙しく肉体労働をするタイプのビジネス
(転売とか、個人レッスンとか)をやっている人も、
もし自由になりたかったら、そのまま頑張り続けるんじゃなくて、
頑張らなくてすむ仕組を作らなければなりません。

自分の時間をお金にかえている限り自由はやってこないし、
収入にも限界があります。


そもそも頑張るだけですむなら潰れる会社なんて存在しません。
(潰れた会社の社長は多分みんな頑張ってます)

努力は闇雲にやるもんじゃなくて、目的を持ってやるもんです。
目的からやるべきことを逆算しましょう。



PS.

前回記事にした音楽のほうのレターですが、
さっそく1件コンサル申し込みがあったらしく、
興奮気味に報告がありました。

twitterで告知したら速攻だったみたいです。
添削した甲斐がありました^^

月額1万2800円なので、
20人いれば仕事やめてそれだけで食っていけます。
来月か再来月くらいにはいっちゃうんじゃないだろうか。

単価上げれば最終的に月100万くらいにはなるとみてます。
月3万にすればたった30人ちょいでいいですし。
何か人に教えられるスキルを持ってれば、収益化は簡単ですね。
ネット時代の凄さです。



PPS,

前初島に旅行した時に作った焼き物が今頃届きました。

花瓶?
いいえ、コップです。

この記事が面白いと思ったら、いいね!、リツイート、シェアをお願いします!

Pocket


著者プロフィール

だいぽん
小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、借金まみれの極貧の家庭で育つ。

皿洗いやレジ打ちなど、忙しいアルバイト生活を送る中で、自由を手に入れたいという欲求が抑えがたくなり、就職活動を放棄。
在学中にお金・知識・人脈ゼロの状態でインターネットビジネスで起業。
たった1人&パソコン1台で5年間で約3億円を売り上げる。

現在は働く必要がなくなり、セミリタイア。晴れて自由の身に。
音楽学校に通ったり、創作活動に打ち込んだり、好きな場所へ好きなだけ旅行したりと、趣味中心の生活を送っている。

個人が自由な人生を手に入れるための戦略・思考をブログ・メルマガで配信中。
2015年に電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」を出版し、Amazon総合ランキング1位を獲得。
現在キャンペーン期間中にて上記の書籍(1000円)を無料プレゼント中。
詳細は上記ページにて。


Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン



コメント

  1. もう、ほんと、すごく共感しました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

報酬1億5000万円突破

2015-01-18 02.28.18

※一部です。

→実績一覧はこちら

著者プロフィール

だいぽんプロフィール画像

名前: だいぽん

小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育つ。

2009年、バイトで溜めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。
空いた時間を利用してアフィリエイトを始めたところ、4ヶ月目で月収100万を達成してしまい愕然。 家族も呆然。
まったく興味がないのに節税で法人化までする羽目に。

その後収益の自動化が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日。

2015年3月に個人で電子書籍を2冊出版し、Amazon電子書籍ベストセラーランキングの有料本・無料本カテゴリそれぞれで、2冊同時にW1位を獲得する(恐らくAmazon史上初)。

20歳。時給720円の皿洗いの日々
22歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
23歳。半年で月収100万突破してビビる
27歳。1人で年商1億円
28歳。お金のために働く必要がなくなる
29歳。電子書籍出版。Amazon1位をとる
30歳。趣味に生きてる


現在Amazon1位を獲得した電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」の無料プレゼントキャンペーンをやっています。
僕に興味を持ったら試しに読んでみてください。


電子書籍の無料ダウンロードはこちら

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

過去記事

メールフォーム

メールを送る際は、必ず初めによくある質問をご覧になってください。