パチンコ狂いの両親、膨大な家の借金、時給700円の皿洗いの日々…が、藁をもつかむ思いで取り組んだネットビジネスで、4ヶ月後にまさかの月収100万超え。僕も呆然。家族も呆然。就職する必要もなくなり、20代にして自由な日々に突入中。

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

ジャムテスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が面白いと思ったら、いいね!、リツイート、シェアをお願いします!

Pocket


東京に帰ってきました。

軽井沢すごいですね…。

最初の数日はほとんど雲すらない快晴で、
ずっとポカポカいい気持ちだったのですが、
ある日突然雪が降りはじめました。
まるで真冬のようでした。
おかげで2〜3日ずっとホテルにこもってました^^;

で、だいたい気になるところは見たので、
最後に旧軽井沢銀座というところでお土産を見にいきました。

するとやたらとハチひげおじさんの看板が目につくんですよね…。
こんなんです。

ちょっと怖い。
どうも長野はハチミツも名産品らしいです。
ハチミツ製品を売っているお店がそこかしこにあります。

試食OKという文字につられて、
その中の一店にふらりと立ち寄ってみました。
するとたくさんの種類のハチミツの小瓶が
棚に積み上げられていました。

なんと全品試食可能です。

アカシア、とち、かりん、百花、りんご、栗、
みかん、ザクロ、さくら、ブルーベリー、レモン、etc…

多分50種類くらいはあったと思います。
ハチミツってこんなに種類があったのかと驚いたくらい。
どうせならいちばんうまいやつを買って帰ろうと、
めぼしいものを片っ端から味見していきました。

しかし当然50種類も味見なんかできません。
どれもこれも激甘なので、5種類くらい食べた時点でわりと飽きてきます。

10種類目くらいでうんざりしてきて、
どれがどんな味だったかもよくわからなくなってきたので、
結局何も買わずに店を出てしまいました…。



この時僕が思い出したのが、
最近読んだ選択の科学という本に出てくるジャムテストの話です。
心理学の世界ではわりと有名な実験です。



心理学を研究していたシーナ・アイエンガーは、
選択肢の数がお客の行動に与える影響を調べるため、
大きな食料品店の試食コーナーで、
売り子に化けて次のような実験を行いました。

まずシーナは24種類のジャムを用意して、
道行く人たちに試食を呼びかけました。
すると買い物客の約60%が足を止めて試食コーナーへやってきました。

お客たちはたくさんのジャムを前に、
ビンを手に取って次々と眺めたり、連れと相談したりして、
長いときだと10分以上もそこで迷っていました。

そして、試食した人たちのうち、
約3パーセントが実際にジャムを購入して帰りました。



次にシーナは、ジャムの種類を24種類から一気に6種類まで減らしました。
その結果、ジャムの前で立ち止まるのは、
買い物客の40パーセント程度に低下してしまいました。

ところが、試食した人たちのうち、
実に30パーセントの人たちがジャムを買って帰ったのです。

購入者はほとんど迷うそぶりをせず、
即決で自分のお気に入りを見つけていました。
売上でいうと、ジャムを6種類に減らした場合、
24種類並べた場合と比べて、実に6倍なりました。

その露骨な結果に、豊富な品揃えに
勝るものはないと思っていた店長はショックを受けて、
商品をたくさん陳列するだけの姿勢を改め、
お客が迷わずお気に入りを見つけられる工夫を考え始めました。



つまり何が言いたいかというと、
ただたくさんの選択肢を与えることが常によいとは限らない、
ということですね。

迷えば迷うほどお客は行動を起こすのをやめます。
自分の判断が正しいのかどうか、自信が持てなくなるからです。
迷わせるくらいだったら選択肢は少ないほうがいいのです。

僕が立ち寄ったお店も、
もう少しお客に迷わせない工夫をこらせば、
店舗からの売り上げももっと伸びるかもしれませんね。

まあ余計なお世話でしょうが(笑)



PS.

アフィリエイトの世界でも、
あまりにたくさん選択肢を並べすぎて、
お客を迷わせてしまっている人がたくさんいますね。

これもお勧め、あれもお勧め、どれもお勧め……
こんな選択肢もあるよ、あんな選択肢もあるよ、そんな選択肢もあるよ…

そういう人たちがほとんど稼げていないのはある意味、
必然なのかもしれません。

もしあなたが今売上に悩んでいるなら、
思い切ってお客に与える選択肢を削ってみると、
いい結果が現れるかもしれませんよ。



PPS

軽井沢行った際のグルメブログも充実中(笑)
よかったらチェックしてみてください。

この記事が面白いと思ったら、いいね!、リツイート、シェアをお願いします!

Pocket


著者プロフィール

だいぽん
小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、借金まみれの極貧の家庭で育つ。

皿洗いやレジ打ちなど、忙しいアルバイト生活を送る中で、自由を手に入れたいという欲求が抑えがたくなり、就職活動を放棄。
在学中にお金・知識・人脈ゼロの状態でインターネットビジネスで起業。
たった1人&パソコン1台で5年間で約3億円を売り上げる。

現在は働く必要がなくなり、セミリタイア。晴れて自由の身に。
音楽学校に通ったり、創作活動に打ち込んだり、好きな場所へ好きなだけ旅行したりと、趣味中心の生活を送っている。

個人が自由な人生を手に入れるための戦略・思考をブログ・メルマガで配信中。
2015年に電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」を出版し、Amazon総合ランキング1位を獲得。
現在キャンペーン期間中にて上記の書籍(1000円)を無料プレゼント中。
詳細は上記ページにて。


Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン



コメント

    • 中山 光矢
    • 2013年 4月 25日

    なるほど・・・

    確かにどれも中途半端って感じですもんね初心者さんは

    そうなると初心者さんに伝えるべきメッセージは
    ひとつに絞るわけですね。

    そしたらメルマガで無料オファーとか流している暇なんてありませんね^^

  1. はじめまして。だいぽんさん。
    ブログランキングからお邪魔しています、めいぷると申します。

    とても考えさせられる記事でした。
    以前にもこういったことを耳にしたことがありましたが、
    ふと気づくとあれもこれもアフィリを貼っていることもあり。。。

    旅に行かれた軽井沢での出来事を例に取り上げるところ、
    主婦のわたしにもとても共感できるところがあって、
    わかりやすく、文章の書き方構成なども
    勉強になりました

    また、前回の記事を読ませて頂きました。
    成功したら宿泊しようと決めている、「星野リゾート」が載っており、
    嬉しかったです。
    良いものを見させていただき、今日も頑張れます。
    ありがとうございました。

    応援して帰ります☆

  2. 商品が多すぎてもいけないということ!為になりました!ポチット!

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

報酬1億5000万円突破

2015-01-18 02.28.18

※一部です。

→実績一覧はこちら

著者プロフィール

だいぽんプロフィール画像

名前: だいぽん

小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育つ。

2009年、バイトで溜めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。
空いた時間を利用してアフィリエイトを始めたところ、4ヶ月目で月収100万を達成してしまい愕然。 家族も呆然。
まったく興味がないのに節税で法人化までする羽目に。

その後収益の自動化が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日。

2015年3月に個人で電子書籍を2冊出版し、Amazon電子書籍ベストセラーランキングの有料本・無料本カテゴリそれぞれで、2冊同時にW1位を獲得する(恐らくAmazon史上初)。

20歳。時給720円の皿洗いの日々
22歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
23歳。半年で月収100万突破してビビる
27歳。1人で年商1億円
28歳。お金のために働く必要がなくなる
29歳。電子書籍出版。Amazon1位をとる
30歳。趣味に生きてる


現在Amazon1位を獲得した電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」の無料プレゼントキャンペーンをやっています。
僕に興味を持ったら試しに読んでみてください。


電子書籍の無料ダウンロードはこちら

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

過去記事

メールフォーム

メールを送る際は、必ず初めによくある質問をご覧になってください。