パチンコ狂いの両親、膨大な家の借金、時給700円の皿洗いの日々…が、藁をもつかむ思いで取り組んだネットビジネスで、4ヶ月後にまさかの月収100万超え。僕も呆然。家族も呆然。就職する必要もなくなり、20代にして自由な日々に突入中。

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

北海道食い倒れ記

2012.10.10

1件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が面白いと思ったら、いいね!、リツイート、シェアをお願いします!

Pocket


なんだか猛烈にウニが食べたくなって、
急遽2泊3日で北海道に行ってきました。
思い立ったら即行動です。

台風一過の秋晴れという感じでとてもいい天気でした。

羽田から飛行機で飛び立ち、新千歳空港へ。
そのまま小樽に移動し、ミシュラン一つ星のお店で寿司を食べました。
小樽は日本有数の寿司の町です。
すし屋通りには20店舗くらい寿司屋が集まります。

ウニと煮牡蠣がたまらなかったです。

小樽はガラスとオルゴールの町でもあります。
中心地では数分おきにガラス細工屋やオルゴール店があります。
非常にキラキラしたイメージのある町です。

色々と体験できる場所が会ったので、
トンボ玉を自作してみました。
ただのガラスの棒を炎であぶって、綺麗なガラス細工を作っていきます。
10分くらいでこんなのが出来上がります.

なんだか扁平になっちゃいました^^;

吹きガラス体験というのもやってみたかったのですが、
要予約ということでこの日はできませんでした…。
その後は小樽をぷらぷらしながら、小樽の地酒を試飲してました。
小樽ではガラス屋が酒も売ってるのです。
ワインと梅酒が美味かった…。



夜は札幌に移動し、ジンギスカンを食べました。
羊肉の焼き肉ですね。

正直普通の焼き肉と比べて、ジンギスカンはあまり
おいしいイメージがなかったのですが…。

ここで食べたジンギスカンは異常にうまかったです。

ラム肉がひじょーに柔らかい…。
牛よりもさっぱりしていて、いくらでも食べられました。
ジンギスカンってこんなにうまいものだったんですね。
自分の中の固定観念が崩れた瞬間でした。
こういう食体験をできるということは幸せですね。

夜の北海道はさすがにもう寒いですね。
薄着だったので少しこたえました。
その日は札幌で一泊。

翌日何を食べようか迷いましたが、
ちょっと有名な回転寿司に行きました。
2日連チャン寿司です。

普段は行列ができるのですが、開店早々に行ったため、
並ばずに座れました。
またまたウニです。
そもそもウニ目的の旅ですからね。

イクラの粒がデカい。宝石のようですね。

豪快な穴子。

ミシュランのお店もウマかったですが、
ただの回転寿司でここまでうまいとは…。
北海道の寿司屋に恐れをなしました。


その後レンタカーを借りて、旭川へ移動。
有名な旭山動物園に行ってみました。
ホッキョクグマがいます。

運が良ければ水中に飛び込んだところを間近で見れるらしいですが、
今回はタイミングが悪かったです。
ホッキョクグマはうろうろと同じ場所を回ってました。

レッサーパンダが頭上を走り去っていきます。

魚もいました。

キリン。

ワニ。こいつら1年くらい何も食べなくても生きられるらしい。

猿。なんかいい感じのショットが撮れた。

アザラシ。

他にも色々いました。



夜は層雲峡という山の中の温泉街へ行きました。
山道を走りましたが、普通に野生のシカがいるんですね。

北海道は道路がまっすぐで、景色も雄大で、走行車も少なくて、
まったくストレスなく走れます。
気付けば走行速度19キロオーバーで、
突然飛び出してきたパトカーに違反切符切られました。
凹みました…。


夜もごちそうです。
北海道の幸をたっぷりといただきました。

その後は温泉に入って、まったりしていました。
温泉は3つありました。
特に朝に入った露天風呂は、絶景を見渡せて気持ちよかったですね。

3日目は紅葉を見るために近くの黒岳へ。
ベストシーズンと言うわけではなかったですが、それでも綺麗です。


ロープウェイに乗りました。
絶景絶景。


リフトで空中散歩。
寒くて凍えました(笑)





動画も撮ってみました。



帰り道にヒグマ牧場とアイスパビリオンという所に行ってみました。
ヒグマ牧場は文字通り、ヒグマがたくさん飼育されています。
獰猛で力強いヒグマを期待していたのですが、
そこには想像とまったく異なる動物たちが…。


「ほら、ちょうだいは?」
「おら!芸しろ芸!」
人間の爺さん婆さんに命令されて、
小さいクッキーをもらうために必死に股を開いたり手を振ったりするヒグマたち。

何か大事なものが失われている気がする…
人間どもを震え上がらせるお前たちの野性はどこへ…

ちなみに子供の頃、床屋で銀牙という漫画を読んで以来、
僕の中には熊への恐怖が刻みこまれています。
軽くトラウマです。
みかけたらぜひ読んでみてください。

最強の人食い熊、赤カブト




アイスパビリオンは別名氷の美術館です。
館内は旭川の厳寒期の気温、‐20℃に保たれていています。
日本最低気温の‐40度も経験できます。
手袋や上着を渡されて、いざ突入。


こんなの人間の住むところではない…。
シャボン玉を吹いたら空中で凍って割れなくなります。
バナナで釘をうったりしました。
ダイヤモンドダストも初めて見ました。

入口で渡されたミルクを振りながら歩いていたら、
最後にはしっかりアイスクリームになっていました。
他のお客は全くおらず、貸し切り状態でした。

出口ではあたたかいお茶とトウモロコシをもらいました。
アイスと一緒に食べました。
期待以上に楽しめた施設でした。

最後は再び海鮮で締めました。
適当に入ったお店でしたが、やっぱりうまかったです。

ウニの旬は夏らしいので、来年またリベンジしたいですね。
この後は飛行機に乗って帰りました。
なかなか楽しい旅行でした^^

「旅行行きたい」と思いたった瞬間に旅立てる仕事っていいですね。

この記事が面白いと思ったら、いいね!、リツイート、シェアをお願いします!

Pocket


著者プロフィール

だいぽん
小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、借金まみれの極貧の家庭で育つ。

皿洗いやレジ打ちなど、忙しいアルバイト生活を送る中で、自由を手に入れたいという欲求が抑えがたくなり、就職活動を放棄。
在学中にお金・知識・人脈ゼロの状態でインターネットビジネスで起業。
たった1人&パソコン1台で5年間で約3億円を売り上げる。

現在は働く必要がなくなり、セミリタイア。晴れて自由の身に。
音楽学校に通ったり、創作活動に打ち込んだり、好きな場所へ好きなだけ旅行したりと、趣味中心の生活を送っている。

個人が自由な人生を手に入れるための戦略・思考をブログ・メルマガで配信中。
2015年に電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」を出版し、Amazon総合ランキング1位を獲得。
現在キャンペーン期間中にて上記の書籍(1000円)を無料プレゼント中。
詳細は上記ページにて。


Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン



コメント

    • 梅太郎
    • 2012年 10月 11日

    だいぽんさん、こんにちわ^^
    グルメですねぇ~!自分も一度でいいから回らないお寿司行ってみたいですわ~。

    蟹、味噌ラーメン、海鮮丼、イクラ、美味しそうなものがたくさんあって目移りしてしまいますね^^;

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

報酬1億5000万円突破

2015-01-18 02.28.18

※一部です。

→実績一覧はこちら

著者プロフィール

だいぽんプロフィール画像

名前: だいぽん

小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育つ。

2009年、バイトで溜めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。
空いた時間を利用してアフィリエイトを始めたところ、4ヶ月目で月収100万を達成してしまい愕然。 家族も呆然。
まったく興味がないのに節税で法人化までする羽目に。

その後収益の自動化が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日。

2015年3月に個人で電子書籍を2冊出版し、Amazon電子書籍ベストセラーランキングの有料本・無料本カテゴリそれぞれで、2冊同時にW1位を獲得する(恐らくAmazon史上初)。

20歳。時給720円の皿洗いの日々
22歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
23歳。半年で月収100万突破してビビる
27歳。1人で年商1億円
28歳。お金のために働く必要がなくなる
29歳。電子書籍出版。Amazon1位をとる
30歳。趣味に生きてる


現在Amazon1位を獲得した電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」の無料プレゼントキャンペーンをやっています。
僕に興味を持ったら試しに読んでみてください。


電子書籍の無料ダウンロードはこちら

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

カレンダー

2016年12月
« 11月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

過去記事

メールフォーム

メールを送る際は、必ず初めによくある質問をご覧になってください。