パチンコ狂いの両親、膨大な家の借金、時給700円の皿洗いの日々…が、藁をもつかむ思いで取り組んだネットビジネスで、4ヶ月後にまさかの月収100万超え。僕も呆然。家族も呆然。就職する必要もなくなり、20代にして自由な日々に突入中。

Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン

糖質制限で3ヶ月で11キロ落としてみた

Pocket

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今思い返せば、僕が育った環境は
「食」に関してあまり恵まれていませんでした。


もともと貧乏かつド田舎だったので、華やかな食事とは無縁です。

母親は料理への探究心がまるでなく、いつもいつも同じような献立。
父親のリクエストで毎日のように焼き魚や煮魚(サバ、アジ、サンマ、イワシ)が食卓に並ぶものだから、
しまいには青魚なんて見るのも嫌になってしまいました。
(今は好きですが)

なにぶん育ち盛りの男児のこと、
もっと油濃くて塩辛いものに飢えていたのですが、
母親は「薄味が体にいい!」といって、何もかも味を薄めてしまいます。
(カップラーメンまで線を無視して湯をなみなみと注ぐ徹底ぶり)


外食と言えば、親がパチンコに大勝した日に行く近所の回転寿司ほぼ一択。
300円や400円するような皿は手を伸ばすとビンタが飛んできたので、
100円〜200円の寿司ばかり食べてました。
(当時はそれでも贅沢をしている気分でしたが)


中学生になってようやく自分一人で
食べたいものを買いにいくようになりましたが
いかんせんド田舎なので、選択肢がありません。

この世で一番うまいものはローソンの牛丼か、
マクドナルドのテリヤキバーガーだと思っていました。
(ときどき電車で1時間かけて最寄りのマクドナルドまで行きました)


大学に入ってバイトをするようになってからは、
多少食事のレパートリーは広がりましたが、
とても豊かな食生活とまではいきません。

適当に安い食材を買って自炊するか、学食か、
すき家、マクドナルド、大学近くのラーメン屋、
定食屋をローテーションしてました。


そんな人間がいきなり、ネットビジネスで稼いだ小金を持って、
東京の吉祥寺やら下北沢やらに出てきたものだから大変です。
欲望のタガが外れました。


「この世にはこんなにうまいものがたくさんあったのか!」


東京の食の豊かさにすっかり感動して、食べログなどを参考にし、
毎日美味しいものを求めて飲食店の立ち並ぶ街を練り歩きました。

さらに友人に酒の楽しみを教えられ、
いつも食事のお供にビール、日本酒、ワインのどれかを添えました。


体重はみるみる増加しました。

一応寝る前には極力食べない、
炭水化物は減らす等の自制はしていたのですが、焼け石に水。

ついには80キロ近くまで到達し、
大学時代と比べると10キロも太ってしまいました。

いくら身長180センチくらいあるとはいえ、
特別筋肉質でもないのにこの体重はヤバイです。


ダイエットしようと決断したのは、今年の5月。
友人たちと行った広島ー愛媛間の耐久サイクリングがきっかけです。

サイクリングそのものはなんとか150キロを走破し、
非常にいい経験になったのですが、問題はその後です。

全員たくさん写真を撮ったので、
帰りにそれぞれが撮った写真をシェアしてワイワイ騒いでいたのですが、
僕は自分の映った写真を見て一人で衝撃を受けていました。


「自転車にまたがったブタがいる…」


たまたま写真映りが悪いのかと思いましたが、
どの写真を眺めてもやはりブタが一匹混ざっていました。

2015-10-01 15.50.06



うすうす感づいてはいましたが、
僕はこのとき自分がブタであることをようやくはっきりと自覚しました。

2015-10-01 15.49.37



東京に帰ったら、友人を誘って早速本気でダイエットを始めました。
Youtubeなどで情報収集し、あーだこーだと痩せるための戦略を練りました。
モチベを上げるためにライザップのCMを延々と流したりしました。


結果、努力の甲斐あって、
3ヶ月で約11キロのダイエットに成功。
大学時代の体重に戻すことができました。

最近会う人会う人に「痩せた」「見違えた」と言われるので、
大変気分がよろしいです。
心なしか体も軽くなった気がします。



3ヶ月で11キロ痩せたというと、
「めちゃくちゃ努力したんだろうな」と思われるかもしれませんが、
個人的には意外と簡単だった、という印象です。

僕は大学時代にも一度ダイエットで10キロ落とした経験があるのですが、
その時よりも明らかに楽でした。
今は昔よりかなりダイエットが簡単な時代になってきています。
友人も同じ期間で6~7キロ痩せていました。

参考までに僕たちが何をやって体重を落としたのかを書いてみようと思います。


糖質制限ダイエットはやはり最強

とりあえず僕たちがたどり着いた結論として、
「糖質制限ダイエット最強」ということです。

糖質とは砂糖や炭水化物のことです。

チョコやケーキといった甘いものはもちろんのこと、
米、パン、麺などを極力口に入れないようにします。
果物や根菜系も糖質が多いのでとりません。

ビールや日本酒も糖質の塊なのでカットです。
(ウィスキーやブランデーといった蒸留酒はOK)


その代わり肉や魚はいくら食べてもOKです。
ステーキ、ハンバーグ、焼肉、なんでもござれ。

僕も肉に関してはわりと自由に食べてました。
というかダイエット中は肉が主食でした。

糖質さえとらなければ、揚げ物やチーズや
マヨネーズも気にせず食べて大丈夫です。


その中から特にダイエットに有効だったものを挙げてみようと思います。


糖質制限ダイエットにお勧めのアイテム


・糖質0g麺

糖質0g麺

今回のダイエットの功労者は間違いなくこの糖質0g麺です。
こんにゃくとおからからできていて、
商品名の通り糖質は0、さらにカロリーも一袋食べて30Kcalです。

味もダイエット食品にしては悪くなく、
調理次第で十分満足いく味になります。
炭水化物を食べた気分になるし、腹も膨れます。

うどんにしてもよし、麺つゆで食べてもよし、
焼きそばにしてもよし、パスタソースと絡めてもよし……

Amazonで箱買いして、1日1食はこれで置き換えてました。
ダイエットしたかったらとりあえずこれ1箱買ってください。



また、ダイエット中はひたすらコンビニに通っていました。
コンビニの食品には成分が詳しく記載されているので、
糖質を計算しやすいのです。

基本的に糖質は一食20g以下に収まるようにしていました。

中でもローソンは糖質制限系の食品が色々あって助かりました。
気に入ったものをいくつか挙げてみようと思います。

・サラダチキン

高たんぱく、低糖質、低カロリーの代名詞、ささみ。
モデルやアスリートなども好んで食べる食品です。

かなりの大きさですが、一つ食べても糖質は1.5gほど。
カロリーも120Kcalです。

腹も膨れるし、何よりおいしい。
ささみってパサパサしている印象がありますが、
コンビニで売られているささみはしっとり柔らかくて、味もしっかりしています。

調理次第で色々楽しめます。
腹が減ったらそのまま齧ってもいいです。
ファミマやセブンイレブンにも売っています。

・ブランパン

続いてお世話になったのがブランパンシリーズ。
ブランとは小麦の外皮のことです。
食物繊維が豊富で、糖質が少ない部分です。

糖質制限中にパンはご法度ですが、ブランパンは例外。
ライザップも認める低糖質食品です。

味も食感もしっかりパンです。
焼いたときの香ばしさは普通の食パン以上ですね。


僕はこのブランパンに、上記のささみ、チーズ、マヨネーズを
挟んで焼いたものをよく食べていました(糖質10g程度)。
これが非常にうまいうえに腹も膨れるのです。

ブランパンにはツナマヨやタマゴマヨなども挟んで食べました。
糖質制限中であることを忘れさせてくれる一品です。


・塩サバ、味噌サバ

ダイエットの大敵が「飽き」です。
0g麺もささみもおいしいのですが、
やっぱりそればかり食べているとどうしても飽きがきます。
ダイエットを続けるためには食事のレパートリーを増やすのが大事です。

ダイエット中期に僕がよく食べたのがローソンの塩サバ。

別にサバが好きというわけではないのですが、
何気なく手に取ってみたら、まさかの糖質ほぼ0g。
味噌サバもかなりの低糖質です。

若干ささみに飽きてきた頃だったので、
代替品として食べてみると、これが意外に美味。
骨が抜いてあるので食べやすく、しっかり脂ものっています。
正直僕の母ちゃんがよく焼いてくれた塩サバよりはるかにうまかったです。

小腹がすいたときによくスナック感覚でこの塩サバを齧ってました。
ブランパンでサバサンドにしてもグッドです。


・生姜焼き

ローソンには生姜焼きもあるのですが、これも普通においしい。
食卓でこっそり出されてもコンビニ食品だなんてまず気づかないレベルです。
ていうか最近のコンビニ食品レベル上がりすぎ…。
糖質も10gほどです。

サバに飽きたら今度はこちらが主菜になりました。
生姜焼きチーズマヨブランパンサンドもヤバウマです。



糖質制限中は甘いものが恋しくなります。
果物すら自由に食べられないというのはなかなかツラいものです。

そこでどうにか甘いものを食べられないかということで、
色々と工夫してました。


・プロテイン

2015-09-29_034730

置き換えダイエットの一種として有名なプロテインダイエット。
甘くてまるでジュースのようですが、糖質が低いです。
意外においしく、色々な味が楽しめます。
朝食などはよくこれを牛乳で割って飲んでいました。
ただ比較的早く飽きてしまうのが難点です。


・ペプシストロングゼロ

ペプシ

甘いものと言えばコーラでしょう。
個人的にはコカよりペプシ派です。

最近はゼロカロリー&糖質ゼロのものもあるので、よく飲んでいました。
甘いもの欲求はとりあえずこれでごまかせます。


・自家製ヨーグルトアイス

2015-09-29 03.10.20

ダイエット中~後期にかけて大活躍したのがこれ。
自分でつくるヨーグルトアイスです。

製法は超簡単。

脂肪分0の無糖ヨーグルト(400~500g)と
生クリームorホイップクリーム(200ml)、
パルスイート(カロリーゼロ砂糖)を大さじ4杯ボウルなどに入れ、
ミキサーなどで混ぜて冷凍庫で凍らせるだけです。
(お勧めはビヒタス脂肪ゼロとスジャータホイップ)

糖質はほぼ入っていないヘルシーアイスですが、
ほどよく溶かして食べると激ウマです。

一度にたくさんできるので、
朝食や深夜のおやつなどによく食べていました。

おいしいアイスを自由に食べれるというのは
ダイエット中の身としては強力な援軍です。


・糖質0ビール

糖質制限中は頑張って禁酒をしていました。
飲み会に参加してもウーロン茶だけ飲んで帰ったりしていました。
しかし、どうしても飲みたい気分になることがあるのも確かです。

そんなときは上記のようなビールをたまに買っていました。
最近はカロリー、糖質、プリン体ゼロのビールもたくさんあります。
味も思ったより悪くありません。

またウィスキーなどの蒸留酒はOKなので、
カロリーゼロコーラなどで割ってハイボールで飲んだりしてました。


・防風通聖散

2015-09-29_034809

薬剤師の友人に勧められて買ったのがこの防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)。
便通をよくし、脂肪を燃やしやすくする漢方です。
これもあわせて摂取していました。

こういうサプリ系のものって
イマイチ効果を実感しにくかったりするのですが、
これは結構効いたように思います。

飲んでいる時期と飲んでいない時期とで、
体重の減少スピードが明らかに変化しましたから。
(友人も同様)


・ワンダーコア

ワンダーコア

どうせ痩せるならかっこよく痩せたい!
ということで、適度に運動もすることにしました。

ちょうどダイエットを始めた頃、よくテレビで流れていたのが、
「倒れるだけで腹筋ワンダーコア~♪」というCM。

思わずAmazonでポチってしまいました。
まあ倒れたら起き上がらなきゃいけないわけで、
全然倒れるだけじゃないのですが…(笑)
普通に腹筋には効きます。

1日5分程度、気が向いたときにギシギシ腹筋してました。
場所を取るのがネックですが、コンパクトタイプもあるようです。
とはいえわりとルーズにやっていたので、やらない日も多かったです。



とまあ、これらのグッズを駆使して糖質制限してたら、
するすると体重が落ちて、3ヶ月で11キロ減ってた感じです。

実際は2ヶ月で9キロくらい落ちたのですが、若干気が緩んでしまい、
残り2キロ落とすのに1ヶ月かかってしまいました。

いきなり食生活を戻すとリバウンドしてしまうので、
まだ糖質は控えめにしています。


今回ダイエットした感想としては、
最近の低カロリー・低糖質食品は充実していて、
しかもおいしいということ。

おいしいものをたくさん食べながら無理なく痩せることができました。
10年、20年前より明らかにダイエッターにとっては恵まれた環境だと思います。

昔はダイエットするなら
「肉禁止!」「揚げ物禁止!」「チーズ・マヨ禁止!」
みたいなのが常識でしたが、
それが正しくないということも証明されました。
僕は唐揚げバクバク食ってましたけど普通に痩せましたし。

体重が気になるなーという方は
ぜひ糖質制限ダイエットを試してみてください。



ちなみに、
「コンビニ食品ばっか食べて体に悪いそう」
「人工甘味料って体に悪そう」
と感じる人もいると思いますが、気にしないでください。

一生続けるわけじゃないし、デブの方が体に悪いです、たぶん。

著者プロフィール

だいぽん
小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、借金まみれの極貧の家庭で育つ。

皿洗いやレジ打ちなど、忙しいアルバイト生活を送る中で、自由を手に入れたいという欲求が抑えがたくなり、就職活動を放棄。
在学中にお金・知識・人脈ゼロの状態でインターネットビジネスで起業。
たった1人&パソコン1台で5年間で約3億円を売り上げる。

現在は働く必要がなくなり、セミリタイア。晴れて自由の身に。
音楽学校に通ったり、創作活動に打ち込んだり、好きな場所へ好きなだけ旅行したりと、趣味中心の生活を送っている。

個人が自由な人生を手に入れるための戦略・思考をブログ・メルマガで配信中。
2015年に電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」を出版し、Amazon総合ランキング1位を獲得。
現在キャンペーン期間中にて上記の書籍(1000円)を無料プレゼント中。
詳細は上記ページにて。
Pocket



Amazon1位電子書籍無料プレゼントキャンペーン



コメント

    • はじめまして
    • 2015年 10月 02日

    はじめまして、メルマガ・ブログと拝見させて頂いています。

    興味深い記事でした。

    自分も以前2ヶ月で10キロほど落としましたが、
    2年ほどで元通りに…(^_^;)

    同じく糖質制限+運動です。

    だいぽんさんに刺激を受けて、
    また挑戦しようかなと思いました。

    唐揚げは普通に衣がダイエットにはマズイかなと思いますが、
    普通の唐揚げを食べられていたんですか?

  1. だいぽんさん、こんにちは。

    ここ1年で10キロ以上太り、これ以上太るとスーツが入らないと家族から馬鹿にされている私にとって、大変ためになる記事でした。

    漠然と食べる量を減らすのではなく、糖質を制限することによって効率よく痩せることが可能なのですね。

    今回の記事を参考にして、私も70キロまで落としたいと思います。
    (本当はスーツを着なくてもすむような生活をしたいのですけどね…トホホ)

    今回もいつものように応援クリックしておきました!

    次回の記事も楽しみにしています。

    それでは失礼します。

  2. だいぽんさん、こんにちは。

    すごいですね!!
    1年間で、10k以上痩せたんですね・・・その前に10k太ったんですか~~??

    10k太り、10k痩せる・・その過程というか行程がすごいデス。
    急な体重の変化は体に負担を掛けますので、、、なるべく変化のない状態を維持した方が良いかと思います。

    食事の仕方で太ったり痩せたりしますので、私欲生活の管理は大事なので気を付けてくださいね^^

    応援完了

    またお伺いいたしますね^^/

  3. ブログランキングからきましたspoonです。
    だいぽんさん、こんにちは。
    糖質ダイエット私もがんばってみます。
    お肉や魚、こんにゃくはいいんですね。
    お酒類って結構太りますよね。
    応援してます.。
    これからも宜しくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

報酬1億5000万円突破

2015-01-18 02.28.18

※一部です。

→実績一覧はこちら

著者プロフィール

だいぽんプロフィール画像

名前: だいぽん

小説と音楽と旅行が大好きな30歳。
株式会社GRASP代表。
パチンコ狂の親を持ち、極貧の家庭に育つ。

2009年、バイトで溜めた学費を親にパチンコで使い込まれ大学を休学。
空いた時間を利用してアフィリエイトを始めたところ、4ヶ月目で月収100万を達成してしまい愕然。 家族も呆然。
まったく興味がないのに節税で法人化までする羽目に。

その後収益の自動化が完了し、お金のために働く必要がなくなってからは、趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日。

2015年3月に個人で電子書籍を2冊出版し、Amazon電子書籍ベストセラーランキングの有料本・無料本カテゴリそれぞれで、2冊同時にW1位を獲得する(恐らくAmazon史上初)。

20歳。時給720円の皿洗いの日々
22歳。PC1台でネットビジネスに挑戦
23歳。半年で月収100万突破してビビる
27歳。1人で年商1億円
28歳。お金のために働く必要がなくなる
29歳。電子書籍出版。Amazon1位をとる
30歳。趣味に生きてる


現在Amazon1位を獲得した電子書籍「自由な人生を手に入れる教科書」の無料プレゼントキャンペーンをやっています。
僕に興味を持ったら試しに読んでみてください。


電子書籍の無料ダウンロードはこちら

ブログランキング参加中!
応援クリックよろしくお願いします。

にほんブログ村 小遣いブログ ネットビジネスへ

カレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

過去記事

メールフォーム

メールを送る際は、必ず初めによくある質問をご覧になってください。