せどり入門

せどり入門


2010 05 10 040209 せどり入門

■せどりとは?


せどりとは、ブックオフなどで中古の書籍や
CD、DVD、ゲーム、ビデオなどを安く仕入れ、
Amazonやヤフオクで高く転売して利益をとるビジネスのことです。

以前は専業の古本屋さんといった深い知識のある人しか行えませんでしたが、
簡単に商品相場を調べられる携帯ツールの登場により、主婦や学生といった
一般の方々も気軽に参入できるようになりました。


せどりはテレビなどでもときどき取り上げられる有名な手法で、
月数万程度稼ぐ人はかなりいます。

ある程度熟練した人になると月20万以上、
中には人を雇って月100万以上売り上げる人もいます。

僕が一番最初に手を付けたネットビジネスがこれでした。



僕の場合、右も左もわからない状態からせどりを始めて、
1ヶ月目で5万、2ヶ月目で10万、3ヶ月目で15万稼ぎました。

週40時間のアルバイトと並行しながらの実践でした。

調子のいい時は時給5000円くらいになりました。

セールで良いものを大量に仕入れられればそれくらいはいきます。

平均的には時給3000円くらいになることが多いようです(慣れてきたらの話です)。



また、1万円以上利益がとれるお宝もちょこちょこ遭遇しました。

例えば下の書籍は、ブックオフで105円で仕入れたものです。



2010 05 08 235846 せどり入門



105円 → 18000円です。

さすがにこれだけ利益が取れると嬉しいですね。

そうでなくても、100円で仕入れてきた本が
1000円や2000円で飛ぶように売れていくのはなかなか快感です。

5000円くらい利益がとれたケースも数え切れないほどあります。

ブックオフのような古本屋はこうしたお宝の宝庫なわけですね。



せどりのメリット



利益率が良い

ブックオフせどりは基本的に利益率が非常に良いです。

うまくやれば売上の7~8割は利益になります。

大部分は100円で仕入れて500円や1000円で売るのですから、
いくらか売れ残ることを考慮しても、それくらいの利益率は叩き出せるのです。

時には100円で仕入れたものが1万や2万で売れることもあります。

こうなると利益率を考えることさえバカバカしくなりますね。

僕は一番調子のよいときで20万くらい売り上げましたが、
かかった経費は3、4万でした。



リスクが低い

また、初心者から初めても、きちんとした基準にのっとって仕入れれば、
赤字になる心配はほぼありません。

前述したとおり、現在は書籍やCDのISBN番号やJANコードを打ち込むだけで、
途端に相場が分かってしまう携帯ツールがあります。

つまり、ブックオフなどで気になる商品の相場をドンドン調べていき、
利益がとれるものだけを選んで買って帰れば良いのです。

どんな素人でも赤字になりようがありません。

実際ブックオフせどりで大きく赤字になったという話は聞いたことがありません。

せどりは非常に堅実なビジネスです。



即金性が高い

せどりは即金性が高いです。

アフィリエイトの場合、商品が売れて報酬が発生しても、
それが実際にあなたの口座に振り込まれるのは1~2カ月後です。

成果確定が遅いものだと3ヶ月くらいかかることもあります。

ところが、せどりの場合は、ヤフオクで出品すれば売れた直後にお金が振り込まれます。

Amazonでも売上金の振込を請求すれば、1週間前後で振り込まれます。

つまり資金を回転させやすいのです。

ギリギリの予算でやっている人は非常に助かるでしょう。



すぐに稼げる

せどりはアフィリエイトと比べてシンプルです。

言い方を変えれば、簡単です。

なぜなら、専門的な知識がほとんどいらないからです。

古本屋で利益の出る商品を調べて購入し、
それをヤフオクやAmazonに出品し、
売れたら梱包して発送するだけです。

サイトを作れる必要はありません。

ドメインだのサーバーだのの知識もいりません。

画像編集スキルや文章力もいりません。

ネットサーフィンできる程度のWEB知識があればOKです。

基本的な仕入れと発送のコツさえ覚えればすぐに実践に取り掛かれ、
即金性が高いことも相まって、アフィリエイトよりも圧倒的に早く稼げます。

できるだけ早くお金を稼ぎたい人は、
アフィリエイトよりもむしろせどりを選ぶべきです。



自由度が高い

これはネットビジネス共通のメリットですが、せどりもかなり自由度が高いです。

休日、仕事帰り、お昼休み、買い物ついでなど、
古本屋があいている時間ならあなたの都合のよいときに
好きな時間だけ仕入れに行くことができます。

商品の発送も2,3日に一度、都合のよいときにおこなえばOKです。

アルバイトのように時間に拘束されることはありません。

それでいて慣れれば時給3000円や4000円も実現できるのですから、
アルバイトなんて馬鹿馬鹿しくてできなくなります^^;

副業にも非常に適しています。

副業として月5万円くらいを目標とするのなら、
いつもの会社帰りに1時間とか、
買い物ついでに1時間とかで十分達成可能です。

慣れてくれば同じペースでも10万はいくと思います。



商品を自己使用できる

地味なメリットですが、仕入れた本やCD、DVD等は、
売れるまでは自分で使用できます。

僕は書籍メインでやっていましたが、
けっこういろんな本が読めました。

普段買わない本も手に入るため、なかなか新鮮です。

本好きにはたまらないのではないでしょうか。

まぁ読んでる最中に売れてしまい、泣く泣く発送したこともありますが(笑)


せどりのデメリット




もちろんはせどりは良い面だけではありません。

デメリットについて述べていきましょう。


時間的・肉体的限界がある

まず、これはオークション系ビジネス全てに言えることですが、
せどりは肉体労働ですので、時間的・肉体的限界に制限されます。

収入を伸ばしていくためには、より多くの時間と労力を費やしていく必要があります。

もちろん仕入れスピードをあげたり、
作業を効率化することである程度時間は短縮できるのですが、
それにも限界があります。

いくら慣れたところで、月20万などを超えてくると、
だんだん副業では厳しくなってくると思います。

専業にしたところで、せいぜい月30万~50万程度が限度でしょう。

中には月100万などを稼ぐ人もいますが、
そういう人はほんの一握りですし、たいてい人を雇っています。

せどりは一人で大きく稼ぐには向いていません。



ほったらかせない

また、せどりは間違ってもアフィリエイトのようにほったらかしにはできません。

仕入れを辞めれば物凄い勢いで収入が減っていきます。

売るものがなくなってしまえばそれまでですからね。

常に仕入れと発送を続ける必要があります。



場所をとる

せどりは商品を補完する必要があるため、けっこう場所をとります。

本棚一つ分くらいのスペースはせどりのために空けておきたいところです。

床に平積みしても良いですが、部屋が狭い人にとっては少し邪魔かもしれませんね。

家族に文句を言われたという話もちらほら聞きます(笑)

ただ、FBAという、Amazonに商品の保管と発送をお願いするサービスを使えば、
自分は在庫を保管しなくて済みます。
商品1点あたり100円程度かかりますが、利用する価値はあるでしょう。



恥ずかしい?

仕入れを恥ずかしがる人もいます。

人前で相場を調べたり、カゴいっぱいに本を持って
店内をうろつきまわるわけですから、やはり人の目にはつきます。

しばらくやっていれば慣れてきますし、
たいていの人はせどりの存在自体知りませんから、
それほど神経質になる必要はありませんが、
極端な恥ずかしがり屋さんには向いていないかもしれません。


将来性が不安

せどりはブックオフに依存するビジネスです。
今は稼げていますが、万一ブックオフがせどりを禁止したりしたら、
突然稼げなくなる可能性があるということは知っておきましょう。

ライバルも増えつつあります。
5年後、10年後はどうなっているかはわかりません。

せどりはあくまでも一時的な収入と割り切って、
ある程度稼いだらもっと安定的に収入の構築に取り掛かりましょう。

せどりが実践できないケース




そもそもブックオフせどり自体が実践不可能なケースもあります。



仕入れ先がない

せどりをするためには、当然仕入れ先となる店舗が必要です。

極端に仕入れ先が少ないと、せどりでそれなりの収入を維持するのが難しくなります。

自宅から通える範囲に、せめて3店舗以上は
ブックオフのような古本屋があることを確認されてください。

それ以下でも稼げないことはありませんが、
やっぱり少し不利になってしまいますのでおすすめしません。

逆に4店舗、5店舗通えるブックオフがある人は、
かなりせどりに向いている環境だと思います。

ぜひ挑戦しましょう。



携帯電話が必要

また、商品相場を調べるために携帯電話を使用します。

携帯を持っていない人は実践できません。

中にはモバイルパソコンなどを使う人もいるようですが、
片手で扱えないと非常に不便です。

せどりをする際は必ずネットにつながる携帯電話を用意しましょう。



せどりの経費



仕入れ代

ブックオフの105円コーナーを狙えば、仕入れにお金はほとんどかかりません。

まずは1万円もあれば十分ではないでしょうか。

105円コーナーにも利益が出るものはたくさんありましたし、
僕もメインは105円コーナーでした。


梱包資材

封筒やテープなどの梱包資材も、100円ショップなどを利用すれば
1000~2000円くらいで用意できると思います。

商品がよく売れるようになったらホームセンターなどでまとめ買いするとお得です。



検索ツール代

ブックオフで本の相場を調べるためには、
それ専用のツールを使わなければなりません。

これは無料のものもありますが、性能が低いため、
ものすごく効率が落ちてしまいます。
できれば有料のものを使いましょう。

月額5000円程度です。


パケット定額

相場を調べるために携帯電話でネットに頻繁に繋ぐため、
パケット定額の契約をする必要があります。

だいたいこれが月5000円前後になるようです。


せどりに必要なもの



銀行口座

売上金を振り込んでいただくために必要です。
ネットビジネスをする際は楽天銀行、ジャパンネット銀行のような
ネット銀行の口座をひとつ持っておくと便利です。


クレジットカード

Amazonマーケットプレイスを利用するには、
クレジットカードを持っていることが条件となります。

販売先としてAmazonマーケットプレイスは非常に重要ですので、
クレジットカードを持っていない方はこの機会に契約しましょう。

デビットカードでもOKです。



パソコン&ネット環境

ヤフオクやAmazonなどのサービスを使うためにはパソコンが必須です。

ネットサーフィンができる程度でOKですので、
性能はそれほど重要ではありません。



携帯電話

上述したように、携帯電話は相場を調べるために必須です。



梱包資材

商品を発送するための資材が必要です。

テープ類、封筒、ハサミ(カッター)、防水用のビニール、ぷちぷち、シール剥がし、などなど。

すべて100円ショップやホームセンターで揃うでしょう。

シール剥がしには100円ショップのジッポオイルを使うと非常に綺麗に剥がせます。



せどりは飽和したか?




せどりというビジネスが話題に上るようになってから、
ずいぶん時間が経ちました。

現在はもうせどりは飽和していて、
僕が言うように簡単には稼げないんじゃないかと
疑問を持たれる方もいると思います。



はっきり言って杞憂です。

毎月僕からせどり教材が数十本売れていますが、
やる気がある人はだいたい稼げるようになっています。

早い人は初月で月10万以上稼ぎますね。

ブックオフの商品はドンドン入れ替わりますから、
少々ライバルがいても特に脅威ではないのです。



それに中古市場は需要供給ともに巨大です。

せどりを実践する人が増えたところで、
すぐに稼げなくなるようなものではありません。

僕はメインの収入源はアフィリエイトにシフトしていますが、
もしまたイチからネットビジネスをするとしたら、
やはりせどりで資金を貯めます。



成果報告

最近せどりの成果報告をかなりいただけるようになりました。

目についたものをまとめていますので、参考にしてみたください。

http://daipon01.com/sedorinome-kansou.html

有料教材について




せどりは独学で実践できないこともないですが、
当然教材を購入したほうが圧倒的に早く稼げるようになります。

ブックオフせどりのノウハウとしては、せどり風神『虎の巻』が現在最もおススメです。

せどりで月4583万円万稼いだノウハウとツールが公開されています。

せどりではおそらくこの人が日本一だと思います。

本気でやるなら少々無理してでも導入しましょう。
たった数千円でこれだけのノウハウが学べるのはお得すぎます。








ppc61 せどり入門

ppc0 せどり入門

ppc999 せどり入門

ppc せどり入門

free1 せどり入門

ppc8 せどり入門

ppc2 せどり入門

ppc3 せどり入門

ppc21 せどり入門


b せどり入門
a せどり入門
a1 せどり入門




アフィリエイトで1億円稼いで自由になった元皿洗いのブログ TOPへ


Copyright © 2010 アフィリエイトで1億円稼いで自由になった元皿洗いのブログ All Rights Reserved.
プライバシーポリシー | サイトマップ | powered by WordPress

アフィリエイトで1億円稼いで自由になった元皿洗いのブログ TOP »  せどり入門